公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
医療保障に関するQ&A

健康状態に不安がある人でも、契約できる医療保険とは?

告知項目が3~5項程度に限定された保険です

「限定告知型保険」「引受基準緩和型保険」「選択緩和型保険」などと呼ばれており、従来の告知・診査を必要とする医療保険に契約できなかった人も、所定の告知項目に該当しなければ一般的に契約できる医療保険(特約)です。

主な告知項目は下記のとおりで、1つも該当が無ければ原則として契約できます(生命保険会社により、告知項目が異なります)。

<健康状態に関する告知項目の例>

  1. 過去2年以内に入院・手術をしたことがある
  2. 過去5年以内にがんで入院・手術をしたことがある
  3. 今後3ヵ月以内に入院・手術の予定がある
  4. 現時点でがん・肝硬変と医師に診断または疑いがあると指摘されている
  5. 現在までに公的介護保険の要介護認定を受けたことがある

<医療保険・終身タイプの例>

 医療保険・終身タイプの例

  • 保障は契約後開始し、契約前に発病していたものでも支払いの対象となります。
    ただし、契約前に医師から勧められている入院・手術は支払い対象外です。
  • 通常の医療保険を契約できるかなどを確認したうえで、比較検討することが大切です。

<既往症が悪化して入院・手術給付金が支払われる例>

契約前 契約後
糖尿病のため通院でインスリン治療中 糖尿病が悪化し糖尿病性網膜症で入院・手術をした場合
  • 契約を引き受けるかどうかの基準を緩和していることなどにより、保険料は通常の医療保険より高めに設定されています。

関連項目