公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
ご挨拶

 少子高齢化・人口減少等の構造変化やライフスタイルの多様化等が進行し、あらゆる世代において、一人ひとりが金融リテラシーを高め、主体的に生活設計を行い、自助努力や共助による生活保障を準備することの重要性が高まっております。加えて、新型コロナ感染症の経験、大地震などの発生、国際的緊張の高まりにより、リスク一般に対する国民の意識と社会保障への関心が高まっており、関係する知識の普及・啓発や発信を行う当センターの役割はますます重要になっております。

 当センターでは、「ウィズコロナ・新たな日常」といった環境変化や社会のデジタル化の進展に柔軟に対応しながら、「消費者啓発・情報提供活動」「学術振興事業」「調査・研究活動」を通じ、ご期待いただいている役割を一層果たしてまいります。

 「消費者啓発・情報提供活動」においては、中学校・高等学校の新学習指導要領の実施や成年年齢の引下げを踏まえ、学校教育用副教材や生命保険実学講座の充実を図り、中学生・高校生向け生活設計・生活保障教育の拡充に努めてまいります。また、大学生向けには、アクティブ・ラーニングを意識した講座資料や講座展開について検討を行ってまいります。
 実学講座や学習会等においては、引き続き、対面による講座だけではなく、オンライン講座やオンデマンド講座も提供してまいりますとともに、生命保険契約等に関する啓発動画を当センターYouTube公式チャンネルで公開するなどSNSを用いた情報提供を積極的に行ってまいります。
 本年で第60回の節目を迎える「中学生作文コンクール」では、「60年の歩み」記念動画の作成等の記念事業を行い、あわせて、作文作成のサポート動画を提供することで本コンクールの更なる普及・浸透を図ってまいります。

 「学術振興事業」においては、2021年度に設置した特別研究会「生命保険・生活保障にかかわる調査の学術的活用のあり方に関する研究会」の活動を継続し、当センターにて実施してきている大規模調査を再検討し、今日的ニーズに即したデータベースの再構築や広く「保険」を対象とした研究活動の活性化を目指してまいります。そのほか、各種研究会や保険学セミナー等において、オンライン開催や対面とオンラインの併用開催を活用することで、産学の接点をより拡充させ、学術交流・学際交流の促進を図ってまいります。

 「調査・研究活動」においては、3年ごとに実施している「生活保障に関する調査」(第16回)について、本年度中に調査・報告書の発行を予定しております。従前は69歳までを調査対象としていましたが、長寿化の進行を踏まえ、今回から対象を79歳までに拡大いたします。また、2023年度の「ライフマネジメントに関する高齢者の意識調査」(仮称)の実施に向けて、前述の特別研究会において内容の検討を進めてまいります。 

 今後も先を見通しづらい状況が続くかもしれませんが、当センターは本年度もこれら生命保険制度の健全な発展のための諸事業を通じ、国民生活の安定向上、国民の利益の増進に寄与してまいります。

2022年4月1日