公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
プレスリリース

「遺族保障ガイド」改訂のお知らせ

                                      2021年12月9日 '21-7号 Press Release

 (公財)生命保険文化センター(代表理事・浅野僚也)では、冊子「遺族保障ガイド -『万一』に備える生命保険活用術-」(B5判、カラー56ページ)を改訂しました。本冊子は、いつ起こるかわからない「万一の死亡」への経済的な備えについて解説しています。遺族年金などの公的保障、死亡退職金・弔慰金などの企業保障、相続・遺言・生前贈与や、生命保険の活用方法などについて説明しています。また、様々な年代や世帯構成の例をもとに必要保障額を計算し、一人ひとりにあった保障を考える際に参考にしていただける情報を掲載しています。

《主な改訂のポイント》

イラストやデザインを全面刷新

イラストや紙面デザインを全面刷新し、見やすくわかりやすい冊子を目指しました。

相続・遺言・生前贈与の説明を大幅に充実(P22-31)

  • 解説を6ページ増やし、従来よりも幅広く理解いただけるよう内容の充実を図りました。
  • 2021年の民法・不動産登記法改正内容の一部(遺産分割長期未了状態への対応、相続登記の義務化)についても説明しています(P25)。

「万一」に備える生命保険の説明を充実(P32-48)

  • 内容の整理を行い、全面的に構成を見直しました。
  • 「知っておきたい生命保険のあれこれ(P42-43)」では、家族登録制度や生命保険契約照会制度についても解説しています。

遺族年金を受け取れる例として、子が受け取る場合を追加(P9)

  • 残された家族が子どものみで、子が遺族年金を受け取る場合を追加し、Q&A(P50)で注意点についても解説しています。

掲載データを最新化

  • 遺族保障を考える上で参考となる豊富なデータを最新化しました。

申込み方法

※1週間ほどで、小冊子と振込用紙をお送りします。

※冊子代金(税込200円/冊)と送料(部数に応じて変わります)の合計額をお振り込みいただきます。
(例)1冊のお申込み…送料200円を含めて400円、2冊のお申込み…送料300円を含めて700円

※電子版のご購入をご希望の場合は、Amazonで販売しております。

本冊子の内容と見本ページ

1.本冊子の内容

掲載項目 主な掲載内容
「万一」のための
    保障とは?
○何のために備えるの? ○いくら備えたらいいの? 
「万一」のときの
    収入見込みは?
○公的年金のしくみ ○遺族年金の計算 ○遺族厚生年金額の目安
○企業保障 ○私的保障の考え方 ○必要保障額の事例①~⑥
○「万一」のときの手続き一覧 ○相続 ○遺言 ○生前贈与 など
「万一」に備える
    生命保険
○生命保険の活用に向けたポイント ○主な主契約の種類 ○主な特約の種類 
○団体保険の活用 ○生命保険の見直し ○保険金の請求手続き  など 
巻末資料 ○「万一」のときのためのQ&A  ○エンディングノート
○生命保険チェックシート

2. 見本ページ

今回の改訂で構成を大幅に見直した「相続」に関するページです。

遺族保障ガイド