生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

トップ > プレスリリース > 「社会保険」や「生命保険」が学べる 高等学校公民科・家庭科向け新副教材提供開始のお知らせ

「社会保険」や「生命保険」が学べる
高等学校公民科・家庭科向け新副教材提供開始のお知らせ

2020年4月1日 '20−1号 Press Release

(公財)生命保険文化センター(代表理事・浅野僚也)では、2022年4月より実施される新学習指導要領や成年年齢引き下げを踏まえ、家庭科・公民科の先生方からご意見を収集して、「社会保険」や「生命保険」を取り扱った高等学校公民科・家庭科向けの新たな副教材を作成しました。

「不測の事態に備える必要性」や「社会保険」、「生命保険」等について50分で教えられるようプレゼンテーション資料にまとめました。セットで使える生徒用ワークシート、授業展開案とともに、無料で当センターホームページからダウンロードいただけます。

《新副教材のポイント》

(1)50分授業セット「自助・共助・公助について考えよう」 高等学校公民科向け

日本の少子高齢社会の現状と社会保障制度、預貯金や生命保険等について学ぶことができ、社会保障制度を維持していくための“自助・共助・公助”の組み合わせについて、生徒自らの考えをまとめることができる教材

【内容】

  • 機ゾ子高齢化について考えよう
  • 供ゼ匆駟歉秬度について
  • 掘ゼ助って何?
  • 検ゼ助・共助・公助について考えよう
  • 后イ泙箸
(1)50分授業セット「自助・共助・公助について考えよう」

(2)50分授業セット「事例から考えるリスクマネジメント」 高等学校家庭科向け

「足の骨折で入院した場合」や「一家の大黒柱が亡くなってしまった場合」の事例を通して、不測の事態に備える必要性や、備える方法(社会保険や預貯金、生命保険等)について学ぶことができる教材

【内容】

  • 機ゥ螢好への備え
  • 供イ發靴皀螢好が起きてしまったら…
  • 掘ゼ分で準備する「私的保障」
  • 検イ泙箸
(2)50分授業セット「事例から考えるリスクマネジメント」

※上記2つの新教材の他に、オプション資料「生命保険」に関するスライド集も作成しました。
自助の1つの手段である「生命保険」について授業で取り上げる際に活用いただけます。

新副教材は、以下のURLもしくはQRコードから無料でダウンロードいただけます
「高等学校向け副教材一覧」はこちら

QR

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ