公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
リスクに備えるための生活設計
万一の場合

万一の場合に、どんな不安がある?

約7割の人が「不安感あり」

私たちの周囲にはさまざまなリスクがあります。その中でも特にダメージの大きい「死亡」に対して、皆さんはどのような不安を抱えているのでしょうか。まず、自分自身に万一のことがあった場合、残される家族の生活に対して不安を持つかどうかを尋ねたところ、「不安感あり」とした人が67.6%となっています。

死亡時の遺族の生活に対する不安の有無

死亡時の遺族の生活に対する不安の有無

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>

一番多い不安の内容は「遺族の日常生活資金が不足する」

不安の内容としては、「遺族の日常生活資金が不足する」が43.5%と最も高く、次いで「遺族年金等の公的保障だけでは不十分」が40.6%となっています。以下「配偶者の老後の生活資金が不足する」、「子どもの教育資金が不足する」となっています。

死亡時の遺族の生活に対する不安の内容

死亡時の遺族の生活に対する不安の内容

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>