公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
リスクに備えるための生活設計
病気・ケガ

病気やケガに対する備えは十分?

不十分と考える人が全体の約5割

多くの人が、病気やケガに対して生命保険によって備えていますが、その金額に満足しているのでしょうか。
当センターが「医療保障に対する充足感」について調査したところ、「十分足りている」と感じている人は全体の6.9%、「どちらかといえば足りている」が36.5%で、合わせて43.4%が「充足感あり」としています。それに対し、「充足感なし」と考えている人は49.0%になっています。

医療保障に対する充足感

医療保障に対する充足感

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>