公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
リスクに備えるための生活設計
老後

年金額を増やす方法は?

受給資格期間を満たしていない人や年金額を増やしたい人は任意加入を!

国民年金の加入は60歳までですが、60歳までに受給資格期間を満たしていない人や、保険料納付済期間が40年(480ヵ月)に満たず満額をもらえないために、もっと年金額を増やしたいという人は、60歳を超えても480ヵ月を上限に加入し続けることができます。このような被保険者を「任意加入被保険者」といいます。

厚生年金保険は70歳が加入年齢の上限となっていますが、受給資格期間を満たしていない人は70歳を超えても加入し続けることができます。このことを「高齢任意加入」といいます。

任意加入できる人

  • 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の人
  • 昭和40年4月1日以前生まれで、日本国内に住所を有する65歳以上70歳未満の人、または日本人で外国に居住している65歳以上70歳未満の人。ただし、受給資格期間を満たしていない人に限る。

注:

  1. 老齢基礎年金の繰上げ受給をしている人は任意加入できません。
  2. 被用者年金に加入している場合は、70歳以降も任意加入できます(高齢任意加入)。
  3. さかのぼって加入することはできません。
  4. 海外の大学等に留学した場合、学生納付特例制度は利用できません。
  5. 付加保険料の支払も可能です。

任意加入の手続き

任意加入の手続きは住所地の市区町村の窓口で行います。年金手帳または年金基礎番号通知書、預貯金等通帳、印鑑を持参します。

付加年金を利用

国民年金の第1号被保険者と、上記の任意加入をしている人(任意加入被保険者)は、「付加年金」という制度も利用することができます。国民年金保険料に上乗せして月額400円の付加保険料を納付すると、「200円×付加保険料納付月数」の付加年金が支給されます。納付した保険料は2年で取り戻せる制度です。