公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
ライフイベントから見る生活設計
出産・育児

出産にかかる費用はどれくらい?

入院・分娩費用など出産費用は全国平均で1人当たり約46.0万円

厚生労働省の資料によれば、2019年度の入院分娩費用など出産費用は全国平均で460,217円でした(室料差額等を除く)。
施設別にみると、公的病院では443,776円、私的病院では481,766円、診療所・助産所では457,349円となっています。

出産費用の推移をみると、2012年度は約41.7万円でしたが、徐々に増加し7年間で約3.4万円高くなっています。
なお、健康保険から「出産育児一時金」が1児につき42万円(産科医療補償制度の対象となる出産)が支給されます。

出産費用の状況(2019年度速報値)

 平均値中央値
全体 460,217円 451,120円
公的病院 443,776円 440,530円
私的病院 481,766円 467,805円
診療所 (助産所を含む) 457,349円 449,300円

出産費用の推移(全施設)

 2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度2018年度2019年度
平均値 416,728 420,639 429,501 440,065 445,214 447,960 453,652 460,217
中央値 410,110 414,000 422,920 433,500 438,000 440,770 445,520 451,120

※正常分娩に係る直接支払制度専用請求書を集計したもので、室料差額、産科医療補償制度掛金、その他の項目を除く出産費用の合計。

公的病院:国公立病院、国公立大学病院、国立病院機構等
私的病院:私立大学病院、医療法人病院、個人病院等
診療所:官公立診療所、医療法人診療所、個人診療所、助産所等
※中央値とは、出産費用を少ない順(あるいは多い順)に並べたとき、中位(真ん中)にあたる出産費用のこと。

<厚生労働省保険局にて集計「第136回社会保障審議会医療保険部会資料」/令和2年12月2日>