公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
生活基盤の安定を図る生活設計
家計・資産形成

どんな金融資産をどれくらい保有している?

2人以上世帯の平均保有額は1,563万円、中央値は450万円

金融広報中央委員会が実施した調査によると、金融資産の平均保有額は単身世帯1,062万円、2人以上世帯1,563万円、中央値は単身世帯100万円、2人以上世帯450万円となっています。

金融商品の種類別にみると、単身世帯は「預貯金」が最も多く全体の4割以上を占め、次いで「株式」、「投資信託」となっています。また、2人以上世帯でも「預貯金」が4割以上と最も多く、以下「株式」、「生命保険」となっています。

※中央値とは、調査対象世帯を保有額の少ない順(あるいは多い順)に並べたとき、中位(真ん中)に位置する世帯の金融資産保有額のこと。

種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)

(単位:万円、( )内は%)
  







 







































単身世帯 1,062 442 229 8 108 13 67 44 224 132 8 17 100
2人以上世帯
(構成割合)
1,563 670
(42.9)
341
(21.8)
16
(1.0)
193
(12.3)
32
(2.0)
84
(5.4)
70
(4.5)
296
(18.9)
140
(9.0)
29
(1.9)
32
(2.0)
450
世帯主の
年齢別
20歳代 212 103 25 8 23 4 11 4 29 22 9 1 63
30歳代 752 380 117 16 74 10 31 16 135 51 29 10 238
40歳代 916 406 158 12 120 23 55 8 170 66 31 25 300
50歳代 1,386 577 273 7 182 21 107 45 228 133 60 25 400
60歳代 2,427 997 533 23 277 50 144 166 439 245 21 65 810
70歳代 2,209 959 595 21 299 54 70 94 493 182 9 27 1,000

注:

    1. 「預貯金」は運用または将来の備えとしている部分で、日常的な出し入れ・引落しに備えている部分は除く。
    2. 金融資産には、外貨建金融商品を含む。
    3. 「生命保険」、「損害保険」は、これまでに払い込んだ保険料の総額。ただし、既に給付を受けた分や掛捨ての保険、年金型商品は除く。
    4. 「個人年金保険」は、これまでに積み立てた掛金の総額。ただし、既に給付を受けた分や公的年金、確定拠出年金の掛金は除く。
    5. 「債券」、「株式」、「投資信託」は時価。「株式」には従業員持株制度による株式を含む。
    6. 「その他金融商品」は金貯蓄口座、オプション取引や先物取引などの金融派生商品。

<金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」/2021年>