公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
生活基盤の安定を図る生活設計
家計・資産形成

金融商品はどんな点を重視して選んでいる?

2人以上世帯のうち37.2%が安全性を重視

金融広報中央委員会が実施した調査によると、金融商品を選ぶ際に最も重視していることは、単身世帯では「元本が保証されている」が最も多く、次いで「利回りが良い」、「将来の値上がりが期待できる」が続きます。

2人以上世帯でも「元本が保証されている」が最も多く、次いで「少額でも預け入れや引き出しが自由にできる」、「利回りが良い」となっています。

それぞれの項目を「収益性」「安全性」「流動性」の3つに分類すると、単身世帯では「収益性」を重視する回答が34.7%、「安全性」が24.6%、「流動性」が20.7%となっています。2人以上世帯では「安全性」が37.2%、「流動性」が24.5%、「収益性」が22.0%となっています。

金融商品を選択する際に重視すること(金融資産保有世帯)

(単位:%)
 


 


 


 















































































単身世帯 34.7 19.3 15.4 24.6 19.6 5.0 20.7 8.5 12.3 5.9 14.0 0.0
2人以上世帯 22.0 12.4 9.5 37.2 26.5 10.6 24.5 7.3 17.2 4.1 9.6 2.7
世帯主の
年齢別
20歳代 14.3 14.3 0.0 52.4 38.1 14.3 14.3 4.8 9.5 4.8 9.5 4.8
30歳代 34.9 21.7 13.2 26.9 19.3 7.5 17.9 7.5 10.4 5.7 12.3 2.4
40歳代 27.7 15.6 12.1 31.9 21.5 10.4 20.8 5.2 15.6 7.2 9.1 3.3
50歳代 19.6 10.3 9.3 39.5 29.4 10.1 23.3 6.6 16.7 4.8 12.5 0.3
60歳代 19.7 11.4 8.3 42.5 33.8 8.6 24.9 7.7 17.2 2.2 8.0 2.8
70歳以上 16.8 8.0 8.8 42.0 26.3 15.7 27.9 8.8 19.1 2.1 6.9 4.3

<金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」/2020年>