公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
税金に関するQ&A

入院給付金などには税金がかからない?

ケガや病気で受け取る給付金などは非課税です

個人が生命保険から受け取った入院給付金は金額にかかわらず非課税です。

入院給付金のほか手術給付金、通院給付金、特定疾病(三大疾病)保険金、介護保険金、高度障害保険金などケガや病気で受け取る給付金などは非課税です。

非課税のため税金の申告は不要ですが、確定申告で医療費控除を受ける場合は、「負担した医療費」から「受け取った入院給付金など」を差し引きます。

主な非課税となる給付金・保険金

・入院給付金 ・手術給付金 ・放射線治療給付金 ・通院給付金 ・疾病(災害)療養給付金 ・特定損傷給付金 ・がん診断給付金 ・特定疾病(三大疾病)保険金 ・先進医療給付金 ・障害保険金(給付金)・高度障害保険金(給付金) ・リビング・ニーズ特約保険金 ・介護保険金(一時金・年金) ・就業不能給付金 ・生活障害保険金(一時金・年金)  など

被保険者が生前に受け取った給付金・保険金を使い残して死亡した場合、残った給付金・保険金部分は相続財産として相続税の課税対象となります。

関連項目

小冊子『知っておきたい 生命保険と税金の知識』もご活用ください。

生命保険に関する税金について、ぜひ知っておきたい事柄を11の事例をあげてそれぞれの課税額の計算の仕方を詳しく解説しています。

小冊子のご案内はこちらから