公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
税金に関するQ&A

変額個人年金保険の税金の取り扱いは?

年金受取時や解約時まで課税が繰り延べられるなど保険特有の税金の取り扱いとなります

資産運用のための金融商品の一つとして、変額個人年金保険への加入を検討する場合があるかと思いますが、あくまでも「保険」であるため、他の金融商品とは異なる保険特有の税金の取り扱いがあります。

変額個人年金保険の税制上の取り扱い

  • 運用収益に対する課税繰り延べ
    ファンドの分配金の受取時や、ファンド間の資金を移動(スイッチング)する時点では課税されません。年金受取時や解約時まで課税が繰り延べられ、全額再投資されるので、長期の運用では複利の運用効果が得られます。
  • 死亡給付金の非課税枠
    契約者と被保険者が同一人の場合、死亡給付金の受取人が相続人であれば、一定の金額(500万円×法定相続人数)が非課税となります。
  • 生命保険料控除
    払込保険料は、払い込んだ年の「一般の生命保険料控除」の対象となります(「個人年金保険料控除」の対象にはなりません)。

関連項目