公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
医療保障に関するQ&A

「特定疾病保障保険(特約)」で、保険金を受け取れる状態とは?

がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病で所定の状態になったときなどが給付対象です

取り扱っている生命保険会社によって保障内容は若干異なりますが、一般的には保険の対象者である被保険者が死亡したとき、高度障害状態になったとき、または特定疾病(「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」)により所定の状態になったときに保険金(特約保険金)が受け取れます。なお、いずれかの原因で保険金を受け取ると契約は消滅します。例えば「がん」で保険金を受け取った後に死亡した場合、重ねて保険金を受け取ることはできません。

特定疾病の所定の状態を詳述すると、一般的には以下の通りになります。生命保険会社によってその取扱いは若干異なりますので注意が必要です。

  • がん
    責任開始期以後の保険期間中に初めて悪性新生物に罹患し、医師による病理組織学的所見により診断確定されたとき(上皮内がん、皮膚がんは対象外。ただし、皮膚の悪性黒色腫は対象)。なお、責任開始期以後90日以内の乳がん(またはがん全般)については保険の対象となりません。
  • 急性心筋梗塞
    責任開始期以後の保険期間中に急性心筋梗塞を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき。
  • 脳卒中
    責任開始期以後の保険期間中に脳卒中を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき。