トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 税金に関するQ&A > Q.年金受給権の評価方法とは?

税金に関するQ&A

Q.年金受給権の評価方法とは?

A

「年金受給権の評価方法」(相続税法24条)とは、生命保険契約による年金受給権(年金を受け取る権利)を相続や贈与によって取得した場合の評価方法のことです。

対象となる契約例

・個人年金保険で贈与税の対象となる場合

契約者(A) 被保険者(B) 年金受取人(B)

など、契約者と年金受取人が異なる場合。

・死亡保険金を年金形式で受け取り、相続税の対象となる場合

契約者(A) 被保険者(A) 年金受取人(B)

など、契約者と被保険者が同一の場合。

年金受給権の評価方法

相続・贈与が年金受取開始以後の場合(年金受取開始となるものを含む)

次のいずれか多い額が年金受給権の評価額(年金の権利評価額)となります。

(1)解約返戻金の額

(2)年金に代えて一時金の給付を受けられる場合は一時金の金額

(3)予定利率等をもとに算出した金額
(予定利率とは、生命保険の保険料の計算等に用いられる基礎率の1つです)

※相続・贈与が年金受取開始前の場合は、原則として解約返戻金相当額で評価されます。

参考

「年金受給権の評価方法」は、平成22年度に改正されました。現在は、上記のとおりの評価方法ですが、平成22年3月31日以前に締結した契約で、かつ平成23年3月31日以前に相続・贈与があった場合には、相続税法旧24条による評価方法を用います。

関連項目

「税金に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ