ガン保険

※「ガン保険」は多くの生命保険会社で更新制度のある種類です。
保障内容の変更と対応方法「更新について」のページへ

ガン保険は、ガンで入院・手術したときに入院給付金や手術給付金が受け取れるものです。

ガン保険では、入院給付金の支払日数が無期限となっています。そのほか、ガンと診断されたときには診断給付金を受け取れるのが一般的です。ガンで死亡したときにはガン死亡保険金を、ガン以外で死亡したときは死亡保険金(給付金)を受け取れる種類もありますが、金額は少額です。

契約日から90日または3か月などの待ち期間があります。この期間中にガンと診断されても保障の対象とならず、契約は無効となります。


ガン保険の保障の対象


主な給付金・保険金の種類

ガン保険で受け取る給付金・保険金の種類には次のようなものがあります。

主な給付金・保険金の種類

その他、ガンで所定の期間入院し、退院後通院したときに受け取れる「ガン通院給付金」や、ガンで所定の期間入院し、その後退院したときに受け取れる「ガン退院(在宅療養)給付金」などを受け取れる商品もあります。


※ 上皮内ガンなど、ガンの種類によっては一部支払いの対象とならない場合や、給付金の額を低くしている
    ものもありますので、「ご契約のしおり−(定款)・約款」などで確認しておくことが大切です。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ