変額保険とは?

変額保険の概要

  • 株式や債券を中心に資産運用をし、運用実績によって保険金や解約返戻金が変動する保険です。
  • 死亡したときは、基本保険金に上乗せして変動保険金を受け取れる場合があります。運用実績により変動保険金がマイナスになっても、基本保険金額は最低保証されます。
  • 保険期間には、「有期型」(一定期間保障される型)と「終身型」があります。
  • 「有期型」には満期保険金がありますが、運用実績により変動し、最低保証はありません。
  • 解約返戻金にも最低保証はありません。

仕組図のオレンジ色は、将来の保険金の支払いに備えて積み立てられる部分を表しています。

仕組図のオレンジ色は、将来の保険金の支払いに備えて積み立てられる部分を表しています。

ピッタくんのワンポイントアドバイス

変額保険や変額個人年金保険を契約する場合、生命保険会社は、資産運用方法や商品のしくみについて、書面を用いて説明することになっています。

わからない点は説明を求め、納得したうえで契約しましょう。また、生命保険会社は、契約後も運用実績などについて定期的に書面を交付することになっています。

STEP 1
どんなとき、どんなふうに受け取れる?

保険金・給付金の種類

保険金・給付金の種類は、「 死亡保険金」、「 高度障害保険金」、「 満期保険金」の3つがあります。

3つの保険・給付金

死亡保険金・高度障害保険金

  • 被保険者が死亡した場合は死亡保険金を、会社所定の高度障害状態になった場合は高度障害保険金を受け取れます。
  • 死亡保険金・高度障害保険金は運用実績によって変動します。
  • 運用実績にかかわらず死亡保険金・高度障害保険金は基本保険金額が最低保証されます。
    運用実績が良かった場合は、基本保険金に上乗せして変動保険金を受け取れます。

満期保険金

  • 「有期型」の場合は、満期時に満期保険金が受け取れます。
  • 満期保険金は運用実績により変動し、最低保証はありません。
    運用実績が良かった場合は、基本保険金に上乗せして変動保険金を受け取れます。
仕組図のオレンジ色は、将来の保険金の支払いに備えて積み立てられる部分を表しています。
仕組図のオレンジ色は、将来の保険金の支払いに備えて積み立てられる部分を表しています。

保険金の受け取り方、受け取り期間等

受け取り方は「一時金」が一般的ですが、会社によっては「年金」での受け取りを選べるものもあります。

STEP 2
いつまで保障される?

保険期間

  • 保険期間のタイプには、一定期間を保障する「有期型」と一生涯保障が続く「終身型」の2つがあります。
  • 有期型には保険期間が一定の年数の「年満期」と一定年齢までの「歳満期」があります。

STEP 3
こんな点もチェック!

【取扱保険金額】

会社により異なりますが、最低100万円程度から取り扱う会社があります。

【保険料払込期間】

有期型の場合、保険料払込期間は一般的に保険期間と同一です。
終身型の場合、一定期間または一定年齢まで払い込む「有期払」と、一生涯払い続ける「終身払」があります。

【保険料払込方法】

会社によって異なりますが、「一時払」、「年払」、「半年払」、「月払」があります。「一時払」のみを取り扱う会社もあります。
また、一定期間分をまとめて払い込む「前納」などの取り扱いがあります。

【契約年齢範囲】

新たに契約できる年齢の範囲は会社により異なりますが、下は0歳から取り扱っている会社が、上は75〜80歳程度まで取り扱っている会社があります。

【配当金の種類】

「無配当」です。

【解約返戻金】

解約返戻金には最低保証がありませんので、払込保険料総額を下回ることがあります。