4.保険金・給付金などの受取り

  • 支払事由、請求手続き、保険金・給付金などを受取れる場合または受取れない場合については、「ご契約のしおり・約款」、請求手続きなどに関するガイドブック、生命保険会社のホームページに記載されているので、ご確認ください。
  • 生命保険会社からの手続きに関するお知らせなど、重要な案内が届かないおそれがあるので、契約者の住所などに変更がある場合は、必ず生命保険会社に連絡してください。
  • 保険金・給付金などの支払事由に該当した場合
    • すみやかに生命保険会社の担当者、最寄りの営業所や支社、コールセンターに連絡してください。
    • 契約内容によっては、複数の保険金・給付金などを受取れる場合があるので、よく確認しましょう。
  • 以下の場合には、保険金・給付金などが受取れないこと(免責事由)があります。なお、生命保険会社によって取り扱いが異なる場合があるので、詳しくは生命保険会社にご確認ください。

死亡保険金・死亡給付金が受取れない場合

  • 告知した内容が事実と相違(告知義務違反)し、契約(特約)が解除されたとき

    <例>気管支ぜんそくの発作があり通院していることを告知書で告知せずに契約し、契約1年後に気管支ぜんそく重積発作を原因として亡くなったケース。

  • 保険料の払込みがなく、契約が失効していたとき
  • 「保険金や給付金などをだましとる目的で事故を起こした」などの重大事由で契約が解除となったとき、また、契約や復活に際して詐欺行為や保険金を不法に取得する目的の行為があり、契約が取消しまたは無効となったとき
  • 契約した保険の責任開始期から一定期間内(2年〜3年)に被保険者が自殺したとき
  • 契約者または死亡保険金(給付金)の受取人の故意によって被保険者が死亡したとき
  • 戦争その他の変乱によるとき など

災害による保険金・給付金が受取れない場合

(上記「死亡保険金・死亡給付金が受取れない場合」の項目のほか、下記に該当するとき)

  • 契約者または被保険者の故意または重大な過失によるとき
  • 災害死亡保険金(給付金)の受取人の故意または重大な過失によるとき
  • 被保険者の犯罪行為によるとき
  • 被保険者の精神障害の状態を原因とする事故によるとき
  • 被保険者の泥酔の状態を原因とする事故によるとき
  • 被保険者が法令に定める運転資格を持たないで運転している間に生じた事故によるとき
  • 被保険者が法令に定める酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故によるとき
  • 地震、噴火または津波によるとき など

高度障害保険金・入院給付金などが受取れない場合

  • 責任開始前の病気やケガを原因とする場合

    高度障害保険金や入院給付金など(死亡保険金は除きます)について、保障の責任開始前に生じた病気やケガを原因とする場合は、約款に特に定めがない限り、過去の傷病歴(傷病名・治療期間など)や健康状態などについて契約時などに告知しているときであっても、保険金・給付金は受取れないことが一般的です。契約に特別条件が付加されている場合も同様です。
    (「特別条件」については、[ステップ2告知(診査)]を参照してください)

指定代理請求人」などによる請求ができる場合があります。

被保険者が受取人となる高度障害保険金・入院(手術)給付金などについて、受取人である被保険者本人が請求できない「特別な事情」がある場合には、あらかじめ指定代理請求人に関する特約を付加することなどにより、代理人が請求することができます。指定代理請求人に対しては、支払事由および代理請求できる旨を説明しておくことが大切です。

※「特別な事情」・・・本人が、余命もしくは病名を知らされていないため、請求できない場合など

ページトップへ