トップ > はじめに:生命保険の契約にあたって「5つのポイント」

はじめに:生命保険の契約にあたって「5つのポイント」

ポイント1:自分に合った生命保険を選びましょう。

  • 生命保険を選ぶ際には、自分の生活設計に基づいた、現在の、そして将来の保障ニーズと生命保険の種類・内容が合っていることが大切です。次のチェック・ポイントを参考に積極的に情報収集し、自分のニーズに合った生命保険を選びましょう。
  • 生命保険の内容をよく理解して申込むためには、生命保険会社、営業職員、保険代理店に相談することも大切です。

詳しくは、[その1 生命保険の「商品」の選び方を確認しましょう]を必ずお読みください。

ポイント2:保険料は現在だけでなく、将来も払込みが可能な金額か確認しましょう。

  • 一般的に生命保険の保険料は長期にわたって払込む必要があります。生活環境や収入の変化も考慮し、将来にわたって保険料を払込めるかを確認してください。

ポイント3:生命保険契約にかかわる留意点をしっかりと確認しましょう。

  • 一般的に生命保険は長期にわたる契約です。自ら積極的に情報を収集して十分に検討し、納得したうえで契約することが重要です。
  • 契約後すぐに解約すると、解約返戻金はそれまで払込んだ保険料より少ない金額になり、多くの場合、解約返戻金はまったくないか、あってもごくわずかです。申込み前にもう一度自分のニーズに合った生命保険か、確認しましょう。
  • 乗り換え(新たな生命保険に契約し直すこと)による解約についても不利益になる場合がありますので、注意することが大切です。

ポイント4:「契約概要」・「注意喚起情報」・「ご契約のしおり」を必ず契約前に読んで、内容をよく確認しましょう。

  • 生命保険会社が契約の申込みにあたって交付する「契約概要」・「注意喚起情報」・「ご契約のしおり」には生命保険商品や契約内容についての重要事項が記載されています。これらを必ず契約前に読んで内容をよく確認しておくことが大切です。
詳しくは、[その2 生命保険を「契約」する際の留意点を確認しましょう]を必ずお読みください。

ポイント5:保障ニーズの変化に合わせて見直しましょう。

  • 年齢、家族構成や環境の変化に伴い、保障ニーズも変化することがあります。自分と家族を長期的に守るために、一度選んだ生命保険でも、保障ニーズの変化に合わせて見直していくことが重要です。
詳しくは、[その3 生命保険の「見直し方法」と留意点を確認しましょう]を必ずお読みください。

ページトップへ