主な生命保険用語の解説

主な生命保険用語の解説(五十音順)

用語 解説
意向確認書面
いこうかくにんしょめん
保険契約を申込む人のニーズと生命保険商品の内容が一致しているかを確認するための書面です。
受取人
うけとりにん
保険金・給付金・年金などを受取る権利をもつ人です。
給付金
きゅうふきん
被保険者が入院・手術をしたとき、不慮の事故により身体に障害を生じたときなどに生命保険会社から受取人に支払われるお金です。
契約概要
けいやくがいよう
提案されている生命保険商品の内容を理解するために必要な事項が説明されています。
契約者
けいやくしゃ
生命保険会社と生命保険の契約を結び、契約上のさまざまな権利(契約内容などの変更権)と義務(保険料を払込む義務)をもつ人です。
ご契約のしおり
ごけいやくのしおり
契約上の決まりをまとめた約款中の重要な事項・諸手続きなどが説明されています。
失効
しっこう
保険料の払込猶予期間を過ぎても保険料の払込みがなく、契約の効力が失われることです。
支払事由
しはらいじゆう
生命保険会社が約款で定める、保険金・給付金などが支払われる事由をいいます。
主契約
しゅけいやく
生命保険のベースとなる部分で、主契約のみで契約できます。
責任開始期(日)
せきにんかいしき(び)
生命保険会社が契約上の保障を開始する日のことです。
注意喚起情報
ちゅういかんきじょうほう
契約するにあたって特に注意すべき事項が説明されています。
特約
とくやく
主契約に付加して契約することにより、主契約の保障内容を充実させるためのものです。
被保険者
ひほけんしゃ
その人の生死・病気・ケガなどが保険の対象となる人です。
復活
ふっかつ
失効した契約を効力のある状態に戻すことです。
保険期間
ほけんきかん
保険契約によって保障が続く期間です。この期間内に支払事由が発生したときに、生命保険会社から保険金などを受取れます。
保険金
ほけんきん
被保険者が死亡・高度障害状態のとき、または満期まで生存したときなどに生命保険会社から受取人に支払われるお金です。
保険証券
ほけんしょうけん
保険契約の成立および契約内容を証するために、生命保険会社から契約者に交付される書面で、保険種類や保険金額、保険期間、契約者・被保険者・受取人などの契約内容を具体的に記載したものです。
保険料
ほけんりょう
契約に基づいて、保障を得る対価として契約者が生命保険会社に払込むお金のことです。
免責事由
めんせきじゆう
生命保険会社が約款で定める、保険金・給付金などが支払われない事由をいいます。
約款
やっかん
生命保険会社が保険契約に関する取り決めを記載したものです。一般的に約款の大切な部分を抜き出した「ご契約のしおり」と合わせて1冊となっています。

ページトップへ