5.保険料と配当金

保険料

  • 保険料は、将来についての見込みをもとに加入者ごとに決められ、公平に負担し合います。実際の保険料は、次の3つの「予定率」をもとに決められます。
予定死亡率
契約の期間中に、亡くなる人はどのくらいか。
予定利率
資産運用をして、得られる収益はどのくらいか。
予定事業費率
生命保険会社の経費はどのくらいか。

配当金

  • 配当金は、見込みと実際の差により生じるいわば「保険料の事後精算」で、毎年必ず受取れるわけではありません。
  • 生命保険には有配当保険と無配当保険があり、有配当保険には主に2つのタイプがあります。
有配当保険
配当金のある保険

 
無配当保険
はじめから配当金を支払わないことにし、保険料負担を軽くした保険
3利源配当タイプ
上記3つの「予定率」をもとに立てた予測と、実際の率との差によって「余り」があった場合に、毎年配当金を受取れる生命保険です。通常、配当の対象となるのは契約後3年目からです。
 
利差配当タイプ
「予定利率」だけをもとに立てた予測と、実際の率との差によって「余り」があった場合に配当金を受取れる生命保険です。通常、「余り」があれば契約後6年目から5年ごとに配当金を受取れます。
注意
  • 預貯金の利息(あらかじめ約束された利率をもとに受取れるもの)とは意味が異なります。
  • 設計書・提案書に配当金が記載されている場合、その金額は保証されたものではありません。直近の決算における配当率などがそのまま続くと仮定して計算された試算値です。

ページトップへ