主に介護を保障する主契約

<主契約の名称について>

※名称の(定期型・終身型)の記載は、一定の保険期間を定めた「定期型」と保険期間が一生涯の「終身型」があることを示しています。

※死亡保険金を受取れる主契約については、所定の高度障害状態に該当すると死亡保険金と同額の高度障害保険金を受取れます。

※ここに記載されている保険種類は例示であり、これら以外の保険種類もあります。また、名称、保障内容は生命保険会社や商品の取り扱いによって異なる場合があります。詳しくは、生命保険会社にご確認ください。

介護保険(定期型・終身型)

寝たきりや認知症によって、約款に定める所定の要介護状態になり、その状態が一定の期間継続した場合に、一時金や年金を受取れます。
  • 公的介護保険の要介護認定に連動して受取れるものもあります。
  • 死亡した場合には、死亡給付金を受取れますが金額は少額です。また、介護保障と同額の死亡保障のある商品もあります。
  • 介護年金支払事由に該当しないまま所定の時期に生存していた場合、健康祝金を受取れる商品もあります。

ページトップへ