4.「転換」の活用により、保障内容を変更する

  • 転換は、現在契約している生命保険の積立金を利用して新たな生命保険を契約する方法で、告知(診査)が必要です。
  • 現在の契約の積立部分や積立配当金を「転換(下取り)価格」として、新しい契約の保険料の一部に充当します。
    まったく新たに契約するよりは保険料負担が軽減されます(下図を参照してください)。
  • 現在の契約の一部を転換する場合を除き、もとの契約は消滅します。
  • 転換部分については、特別配当(長期継続した契約が支払対象)を受取る権利がもとの契約の継続期間と通算され、新しい契約に引き継がれます。

注意

転換に関して

  • 同じ生命保険会社でなければ利用できません。
  • 生命保険会社によって取扱基準が異なります。たとえば、新しい生命保険の保険金額が転換前の契約の保険金額を下回らないことなどの基準を設けている場合があります。
  • 保険料は、転換するときの年齢や保険料率で計算されます。
  • 新規の契約と同様に、告知(診査)が必要です。
  • 保険種類などによっては保険料が上がることがあります(転換時の予定利率がもとの契約の予定利率よりも下がる場合など)。
  • 貯蓄性の高い商品から保障性の高い商品へ転換する場合、現在の契約の積み立てた部分を新しい契約に充当することから、転換前と転換後で保障内容・積立部分がどのように変わるのか、よく確認し納得したうえで契約することが大切です。

転換における生命保険会社の情報提供

生命保険会社は転換の利用を勧める場合、転換以外の方法や転換した場合の新旧契約の内容比較などについて、書面(転換を利用する場合の重要事項説明書面や契約概要など)を用いて説明することが義務づけられています。この書面により、生命保険会社、営業職員、保険代理店からよく説明を聞いて内容を確認する必要があります。


ページトップへ