生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜

熊本地震により被災された皆様へ

少子化が進んでいるのはなぜ?

晩婚化、晩産化の進行も要因

厚生労働省の「人口動態統計(確定数)」(2017年)によると、2017年は1985年と比較して夫は2.9歳、妻は3.9歳、平均初婚年齢が上昇し晩婚化が進行しています。

それに伴い、子どもを出産したときの母親の平均年齢も高くなるという晩産化の傾向があらわれています。
1985年と比較すると、2017年は第1子で4.0歳、第2子で3.5歳、第3子で2.3歳高くなっています。35歳以降は出産が減少することから、晩婚化や晩産化は少子化の原因となっています。

平均初婚年齢と母親の平均出生時年齢の年次推移

平均初婚年齢と母親の平均出生時年齢の年次推移。
第3子出生時の母の平均年齢。1985年、31.4歳。1995年、32.0歳。2000年、32.3歳。2005年、32.6歳。2010年、33.2歳。33.4歳。2015年、33.5歳。2016年、33.6歳。2017年、33.7歳。
第2子出生時の母の平均年齢。1985年、29.1歳。1995年、29.8歳。2000年、30.4歳。2005年、31.0歳。2010年、31.8歳。32.4歳。2015年、32.5歳。2016年、32.6歳。2017年、32.6歳。
第1子出生時の母の平均年齢。1985年、26.7歳。1995年、27.5歳。2000年、28.0歳。2005年、29.1歳。2010年、29.9歳。2015年、30.7歳。2016年、30.7歳。2017年、30.7歳。
平均初婚年齢(夫)。1985年、28.2歳。1995年、28.5歳。2000年、28.8歳。2005年、29.8歳。2010年、30.5歳。31.1歳。2015年、31.1歳。2016年、31.1歳。2017年、31.1歳。
平均初婚年齢(妻)。1985年、25.5歳。1995年、26.3歳。2000年、27.0歳。2005年、28.0歳。2010年、28.8歳。2015年、29.4歳。2016年、29.4歳。2017年、29.4歳。

<厚生労働省「人口動態統計(確定数)」/2017年>


母の年齢別にみる出生数

※横にスクロールできます。

(単位:人)
年次 総数 母の年齢
14歳
以下
15〜19 20〜24 25〜29 30〜34 35〜39 40〜44 45〜49 50歳
以上
2017 946,065 37 9,861 79,264 240,933 345,419 216,938 52,101 1,450 62
2016 976,978 46 11,049 82,169 250,639 354,911 223,287 53,474 1,350 51
2015 1,005,677 39 11,890 84,461 262,256 364,870 228,293 52,558 1,256 52
2010 1,071,304 51 13,495 110,956 306,910 384,385 220,101 34,609 773 19
2005 1,062,530 42 16,531 128,135 339,328 404,700 153,440 19,750 564 34
2000 1,190,547 43 19,729 161,361 470,833 396,901 126,409 14,848 396 6
1995 1,187,064 37 16,075 193,514 492,714 371,773 100,053 12,472 414 0
1985 1,431,577 23 17,854 247,341 682,885 381,466 93,501 8,224 244 1

注:総数には母の年齢不詳を含む。

<厚生労働省「人口動態統計(確定数)」/2017年>

結婚しない人も増えている

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ