公益財団法人 生命保険文化センター

メニュー
閉じる

公益財団法人 生命保険文化センター

twitter youtube
中学校・高校向け副教材一覧
2021年度版 学校向け無償提供教材

50分授業セット「「成年」になるということ」

成年年齢引下げにより、親など保護者の同意がなくても、自分ひとりで様々な契約ができるようになりますが、契約には責任が伴い、自立した行動が求められます。成年年齢引下げにより可能となる契約を切り口に、クレジットカードといったキャッシュレス等、お金を使う際の収入と支出のバランスや生活におけるリスク管理、契約に関わるトラブルやクーリングオフといった対処策等について理解することができる授業セットです。

授業概要

  学習内容とねらい
「成年」になる!?
成年年齢が18歳に引き下げられること、「契約」には責任がともなうことを理解します。
収入と支出のバランスを考える
収入と支出のバランスを考えながらお金を使ったり、お金を借りたりすることの必要性について解説し、「成年」になるとお金の管理も必要になることを理解します。
リスクに備える
人生には様々なリスクが潜在していることを知るとともに、リスクに備える方法として、生命保険などの民間保険で備えることができることを理解します。
トラブルに巻き込まれない
主な消費者トラブルの種類・内容について解説し、注意喚起することで、トラブルを未然に防ぐことの重要性を理解します。
(口)約束=契約は慎重に
契約をする前には、慎重によく考えてから契約すること、契約した後に申込を撤回したい場合の手段として「クーリング・オフ」があることを理解します。


授業進行用プレゼンテーション資料(PowerPoint・35スライド)

 

  • ファイルをダウンロードしたい方はこちら(パワーポイント3.34MB)
  • 印刷用はこちら(PDF 1.95MB)

生徒用ワークシート

  • ファイルをダウンロードしたい方はこちら(PDF 552KB)

関連教材

さらに内容を捕捉したい場合には・・・
生活設計に使えるワーク&データ集