生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

トップ > 学校教育活動 > 副教材一覧> 50分授業セット「事例から考えるリスクマネジメント」

50分授業セット「事例から考えるリスクマネジメント」学校向け無償提供教材

事例から考えるリスクマネジメント
骨折した場合や一家の大黒柱が亡くなってしまった場合の事例を通じ、不測の事態に備える必要があること、備える方法(社会保障制度や預貯金、保険など)について学ぶことができる教材です。
授業の進行をスムーズに行うためのプレゼンテーション資料と、生徒用ワークシート、授業展開案を用意しています。

授業概要

  学習内容とねらい
導入

Ⅰ.リスクへの備え

人生には様々なリスクが潜在していることを知る。またリスクに備える方法について学ぶ





展開①
 (15分)

展開②
 (15分)

Ⅱ.もしもリスクが起きてしまったら…

リスクが起きてしまった事例について具体的にイメージし、「何に」「いくら」かかるか考えることにより、必要なお金を準備する手段について学ぶ

事例①「足の骨折で入院したら」


事例②「もしも亡くなってしまったら」
展開③

Ⅲ..自分で準備する「私的保障」

代表的な私的保障である預貯金と保険について、そのしくみと特徴を理解する
まとめ

Ⅳ.まとめ

授業のふりかえりをする

【授業展開案】

  • ファイルをダウンロードしたい方はこちらPDF(769KB)

授業進行用プレゼンテーション資料(PowerPoint・49スライド)

授業進行用スライド1授業進行用スライド2授業進行用スライド3
  • ファイルをダウンロードしたい方はこちらPowerPoint(10.3MB)

生徒用ワークシート

生徒用ワークシート1生徒用ワークシート2
  • ファイルをダウンロードしたい方はこちらPDF(645KB)

PDFファイルをダウンロードのうえ印刷してお使いください。

※PDFの情報を見るにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。


【関連教材】

ページトップへ