生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

トップ > プレスリリース > 「医療保障ガイド」改訂のお知らせ

「医療保障ガイド」改訂のお知らせ

2020年9月3日 '20−5号 Press Release

(公財)生命保険文化センター(代表理事・浅野僚也)では、小冊子「医療保障ガイド -病気やケガに備える生命保険活用術-」(B5判、カラー52ページ)を改訂しました。

本冊子は、病気やケガにより経済的なリスクに直面したときに役立つよう、公的医療保険制度による医療費の自己負担の仕組みや、生命保険会社が取り扱う医療関係の生命保険商品の仕組みなどを、図表や具体例を用いてわかりやすく解説しています。

《主な改訂ポイント》

新型コロナウイルス感染症に関する給付金・保険金の取扱いを掲載(P.3)

  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、生命保険会社が支払う給付金・保険金について講じている特別措置をまとめました。

公的医療保険制度の見直しや変更点などをまとめて掲載(P.3)

  • 国民健康保険料の限度額の引上げや医療費・処方薬の費用の見直し、先進医療の対象見直しなどについてまとめました。

事例でみる入院費用を更新(P.15-21)

  • 診療報酬改定に伴い、事例の医療費を更新しました。
  • 入院日数が短期化する傾向や最近の治療内容をもとに、事例の入院日数などを再設定しました。

医療関係の生命保険の仕組みと内容を更新(P.24-35)

  • 最近の医療保障商品に多い保険種類や保障内容に合わせて、掲載内容を更新しました。

申込方法

※1週間ほどで、小冊子と振込用紙をお送りします。振込手数料は無料です。

※冊子代金(税込200円/冊)と送料(冊数に応じて変わります)の合計額をお振り込みいただきます。
(例)1冊のお申込み…送料200円を含めて400円、2冊のお申込み…送料300円を含めて700円

本冊子の内容とページ見本

1. 本冊子の内容

掲載項目 主な掲載内容
トピック ○新型コロナウイルス感染症への生命保険会社の主な対応
○最近の公的医療保険制度の見直し
データでみる医療 ○平均寿命と健康寿命 ○年齢別にみた主な死因の状況
○年齢別にみた三大疾病の平均在院日数
○病気やケガに対する不安の内容 ○病気やケガに備えている人の準備手段
病気やケガをしたときの自己負担 ○公的医療保険制度による自己負担 ○高額療養費と自己負担限度額
○入院時の食事代などの一部負担 ○差額ベッド代
○先進医療の技術料など特殊な治療費 ○事例でみる入院費用
医療関係の生命保険の仕組みと内容 ○医療保険 ○がん保険
○特定疾病(三大疾病)保障保険 ○就業不能保障保険
○知っておきたい特約・制度など ○多様化する医療保障商品
○契約時に知っておきたいこと ○受取時に知っておきたいこと
医療保障Q&A ○高額療養費の申請手続き ○出産時の公的医療保険の給付
○定年退職後の公的医療保険 ○再入院時の入院給付金
○手術給付金の対象となる手術の種類 ○海外で入院したときの入院給付金
○通院と日帰り入院の違い ○医療費控除について  など

2. 見本ページ(P.24-25)

生命保険会社が取り扱う医療保険などの仕組みをまとめたページの一例です。

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ