生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

2019年2月27日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 2019/2/27  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.346」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[機魯┘奪札

   (第2回)所得税だけでない確定申告
           -贈与税申告のポイント-

               税理士法人TOTAL代表社員 沓掛 伸幸 さん

[供和56回 中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第8回)

   優秀賞 家族の絆を繋ぐ生命保険

[掘話里弾瀬潺望霾鵝

    〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(2)〜

[検呂修梁

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
平成30年分の確定申告は3月15日(金)までで、あと2週間ほどとなりました。
今回は、確定申告が「所得税だけではない」ことや、改めて「生命保険料控除」
について取り上げています。ぜひお役立ていただければと思います。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[機魯┘奪札

   (第2回)所得税だけでない確定申告
           -贈与税申告のポイント-
               税理士法人TOTAL代表社員 沓掛 伸幸 さん

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
確定申告の受付が始まり、私たち税理士もあわただしい日々を送っています。
確定申告は、所得税のほか、一定の贈与を受けた場合には贈与税についても必要
となります。贈与は、近年の相続税法の大改正から注目されており、申告件数も
高水準を保っていますが、贈与税はあまりなじみがない方も多いと思います。今
回は、贈与税申告のポイントについていくつか紹介いたします。
・・・【続きは下記URLをクリック】

◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/2018/essay/web11/web11.html?lid=mm346

◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm346

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[供話羈慇減酳献灰鵐ール 入賞作品紹介(第8回)

   優秀賞 家族の絆を繋ぐ生命保険

      高知県 高知中学校 二学年 本田 恵太さん

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
四年前の秋、母がガンになった。
あまりにも突然のことであり、僕の頭の中は真っ白になった。
僕は当時、小学五年生であり、どうすればいいのかわからなかった。

僕の家は母子家庭であり、母が突然、ガンという病気で働けなくなり、最悪の場
合、兄弟妹の三人だけになってしまうのではと考えると、とても恐ろしかった。
母のことを考えると、夜も眠れず、不安でいっぱいだった。

母がガンと知った日から、一週間程たった日、僕は母に自分の抱えている不安な
思いを、弟や妹がいないところで話してみた。

そうすると母は、・・・【続きは下記URLをクリック】

◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/concours/prize.html?lid=mm346

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
[掘話里弾瀬潺望霾鵝

      〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(2)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
自営業者などは今、確定申告の時期を迎えています。
今回は、確定申告時に受けられる「生命保険料控除」について説明します。
「生命保険料控除」については、2018年11月22日のメールマガジンでもご紹介
しています。

生命保険を契約していると、払い込んだ生命保険料のうち、一定の金額を契約
者(保険料負担者)のその年の所得から差し引くことができ、所得税や住民税
の負担が軽減されます。これが「生命保険料控除」(所得控除)という税法上
の優遇措置です。

●生命保険料控除の手続きは?
1.会社員などの場合
 生命保険会社の発行する「生命保険料控除証明書」を「給与所得者の保険料
 控除申告書」に添付して勤務先に提出し、年末調整により生命保険料控除を
 受けます。給与天引きにより保険料を払い込んでいる場合は、「生命保険料
 控除証明書」の提出は不要です。
 ※給与の収入が年間2,000万円を超える場合などは、確定申告となります。

2.自営業者などの場合
 翌年2月16日から3月15日までの所得税の確定申告時に、「生命保険料控除
 証明書」を確定申告書に添付し生命保険料控除の申告をします。

 なお、会社員・自営業者ともに所得税で所定の手続きをしていれば、住民税
 の手続きを行う必要はありません。

 ※「生命保険料控除証明書」を紛失した場合は、生命保険会社に連絡して再
  発行を受けることができます。

●【改正】平成30年分の所得からは「生命保険料控除証明書」のデータを利用
     できます
生命保険会社の発行する「生命保険料控除証明書」は郵送で届きます。平成30
年分の所得からは生命保険会社より証明書データ(電子的控除証明書)を取得
し、これを印刷して(国税庁のホームページ上で一定の手続きが必要)、確定
申告の際に使用することもできるようになっています。

●生命保険料控除の申告を忘れてしまいました。これから申告することはでき
 ますか?
給与所得者の生命保険料控除等は多くの場合勤務先において年末調整で行われ
ますが、これを忘れた場合は、雑損控除や医療費控除などとともに確定申告(
還付申告)をして控除することができます。

還付金の請求権の時効は5年間ありますので、その間であれば税金の還付を受
けることができます。例えば、2018年(平成30)年分の生命保険料控除を忘れ
ていた場合には、2019(平成31)年1月1日から2023年12月31日までの間に還
付申告をすることができます。還付申告は通常の確定申告期でなくても構いま
せん。

当センター発行の小冊子「知っておきたい 生命保険と税金の知識」(2019年
1月改訂版)では、今回取り上げた生命保険料控除の内容のほか、生命保険に
関する税金について知っておきたい事柄を、豊富でわかりやすい事例を通して
解説しています。        
ぜひご一読ください!

※本冊子1部の場合の代金は260円(税・送料込)です。
 (冊子代金100円+1部の場合の送料160円)

◇「知っておきたい 生命保険と税金の知識(2019年1月改訂版)」はこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm346

◇出版物のご購入ページはこちら◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm346

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[検呂修梁

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm346
-----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm346
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから◆
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm346
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm346
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ