生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

2019年2月14日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 2019/2/14  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.345」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[機 知っ得ミニ情報!

   医療費控除とは?

      〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(1)〜

[供和56回 中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第7回)

   優秀賞 「便りがないのがいい便り」

[掘呂修梁

  1.2018年1月のアクセスランキング更新!
    1月に関心が高かった項目は・・・
  2.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
2月18日(月)から平成30年分の確定申告手続きが始まります。今回からは条件
を満たせばスマートフォンで手続きを完了できるようになっています。当セン
ターのホームページには、確定申告の際に行う医療費控除などの情報を掲載し
ていますので、ぜひご覧ください。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[機話里弾瀬潺望霾鵝

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
医療費控除とは?

〜最新版小冊子「生命保険と税金の知識」より(1)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今年の確定申告が2月18日(月)から始まります。確定申告には、一定の条件のも
と所得税・住民税の負担が軽減される医療費控除があります。

●医療費控除とは?

医療費控除は、自分や家族のために1月から12月までの1年間に支払った医療費
の金額が10万円(または合計所得金額の5%のいずれか低い方)を超えると、
その超えた金額(200万円を限度)をその年の所得から差し引くことができる
制度です。

課税対象となる所得が減ることにより、税率を掛けるなどして計算した後の税
額が少なくなるわけです。

医療費控除の計算には、生命保険会社から受け取った入院給付金なども関係し
ます。生命保険契約にもとづく給付金で、身体の傷害に関わって支払われるも
のは、税法上非課税とされています。

そのため、入院給付金などは課税の対象ではありませんが、医療費控除を受け
る場合には、医療費の金額から受け取った給付金額を差し引いて申告する必要
があります。

なお、入院給付金などを差し引くのは、その給付の原因となった傷病などの医
療費からです。もし引ききれない場合でも、他の医療費から差し引く必要はあ
りません。

●上記の医療費控除と選択して利用できる制度

医療費控除と同様の制度で「セルフメディケーション税制」(スイッチOTC薬
控除…医療費控除の特例)があります。健康診断などを行っている個人が購入
した風邪薬、胃腸薬等の市販薬(厚生労働省から指定されているもの)につい
て、購入額が年間1.2万円を超える場合、その超える部分(8.8万円を限度)を
所得から差し引くことができる制度です。

医療費控除とセルフメディケーション税制との選択適用ができるのは、
2017(平成29年)から2022年までの予定です。

●医療費控除を受けるための手続きについて
確定申告では「医療費控除の明細書」を作成し、申告書に添付します。明細書
作成にあたり、健保組合・市区町村等からの「医療費通知」(医療費のお知ら
せ等)を明細書に添付すれば、明細書上の記載事項は医療費合計額等で足り、
支払先ごとの支払額の記載は省略できます。

領収書の添付または提示は不要になりますが、原則として5年間保管する必要が
あります。


小冊子「生命保険と税金の知識」(B5判、カラー56ページ)では、今回取り上げ
た医療費控除のほか、生命保険の保険金・年金などを受け取る際の税金、生命
保険料控除などを、具体的な計算事例やQ&Aを用いてわかりやすく解説して
います。
2019年1月改訂の最新版を発行していますので、ぜひご一読ください。

※「生命保険と税金の知識」1部の場合の代金は260円(税・送料込)です。
 (冊子代金100円+1部の場合の送料160円)

◇「生命保険と税金の知識」の詳細はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm345

◇「生命保険と税金の知識」のご購入はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm345

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[供話羈慇減酳献灰鵐ール 入賞作品紹介(第7回)

   優秀賞 「便りがないのがいい便り」

      愛知県 南山中学校女子部 一学年 武田 佳子さん 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ある日の夕方、いつも通り母が会社から帰ってきた。荷物も置かないまま手に
持っていた封筒をビリビリと破り中身を確認する。中身を見た母はホッとした
様子で紙をしまった。

「何見てるの?」
私が聞くと

「会社で受けた健康診断の結果。悪いところないって。」
と答えた。

「当たり前じゃん。ママ、見るからに元気そうだし。」
私が何の気もなしにそう言うと母は真剣に
「そんなことないよ。ママだって四十過ぎだし疲れやすくなってるし、いつ病
気になるか分からないんだから。」
と返してきた。

私には実感がわかなかった。・・・【続きは下記URLをクリック】

◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/concours/prize.html?lid=mm345

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[掘呂修梁

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.2018年1月のアクセスランキング更新!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1月のアクセスランキングに変動がありました!
ランキング上で伸びている項目は、相対的に関心の高いものです。
さて、1月の順位はどうなっているでしょうか?

◇下記URLからご確認ください◇
⇒ http://www.jili.or.jp/ranking/index.html?lid=mm345
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm345
-----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm345
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから◆
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm345
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm345
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance

ページトップへ