生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

2018年12月13日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 2018/12/13  ◆◇◆

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.341」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[機和56回 中学生作文コンクール 入賞作品紹介(第3回)

   生命保険文化センター賞 「かけがえのない家族」

[供話里弾瀬潺望霾鵝

   入院・手術給付金の請求もれを防ぐポイント
   ―「2018(平成30)年度上期版 生命保険相談リポート」に関連して―

[掘呂修梁

  1.「教育の現場から」を更新しました
  2.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
厚生労働省が毎週公表しているインフルエンザの発生状況をみると、徐々にでは
ありますが、週を追うごとに増えています。
栄養ある食事や十分な睡眠で体力をつけ、疲れを溜めないなど体調管理に気をつ
けたい今日この頃です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[機話羈慇減酳献灰鵐ール 入賞作品紹介(第3回)

   生命保険文化センター賞 「かけがえのない家族」

      岡山県 岡山大学教育学部附属中学校  一学年 岡本 高煌さん

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

電話口から父の声が聞こえた。

「俺は無事だから。」

その時、父の声を聞いて、家族全員がどれほどホッとしたかわからない。

僕の父は医者だ。七月七日、西日本豪雨で倉敷市真備町が茶色の海と化したあの
日、父は、朝早く診察のため、車で出掛けていった。そして、深夜を過ぎても
帰って来なかった。川が氾濫し、避難拠点となった、まび記念病院に患者さんや
避難してきた住民の方々と閉じ込められたのだ。SNSで送られてきた写真に写
っていた父の車は、屋根の上まで完全に水没していた。病院の駐車場に着いてか
ら、あっという間に水位が上がったという。・・・【続きは下記URLをクリック】

◇作文の全文(PDF)はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/school/concours/prize.html?lid=mm341

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[供話里弾瀬潺望霾鵝

   入院・手術給付金の請求もれを防ぐポイント
   ―「2018(平成30)年度上期版 生命保険相談リポート」に関連して―

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

当センターでは、今年度上期(4月〜9月)に受け付けた生命保険に関する相談
をまとめた「2018(平成30)年度上期版 生命保険相談リポート」をホームペー
ジに掲載しています。

上期の相談件数は計516件で、うち「生命保険に関する一般相談」(一般相談)が
506件、「生命保険会社の経営に関する相談」が10件でした。

一般相談で最も多かったのは「各種手続きについて教えて欲しい」(101件)です。
その45.5%にあたる46件が「保険金・給付金等の受取手続きについて」でした。

保険金や給付金の請求・受取りについては、いくつかポイントがあります。例え
ば入院や手術をした場合、入院給付金・手術給付金などをもれなく請求したいと
ころですが、請求もれが生じやすいケースもあります。

【ケース1:被保険者が同じ人で、契約者が異なる複数の契約がある】
≪例≫妻が入院や手術をした場合で、次の医療保険(A)のみ給付金を請求した。
・医療保険(A):契約者・被保険者(保障の対象者)ともに妻の契約
・医療保険(B):夫が契約者で、妻が被保険者の契約
 ⇒支払要件に該当していれば、医療保険(B)からも給付金を受け取れます。

【ケース2:複数の生命保険会社との間に契約がある】
≪例≫がんで入院や手術をし、次の「がん保険」のみ給付金を請求した。
・A生命保険会社の「がん保険」
・B生命保険会社の「医療保険」
 ⇒支払要件に該当していれば、B社からも給付金を受け取れます。

【ケース3:入院中に入院給付金を請求した場合】
≪例≫入院中に医師に診断書の記入を依頼したため、生命保険会社へ提出した診
   断書に退院までの入院日数が記載されていなかった。
   ⇒支払限度日数以内であれば、診断書に記載された入院より後の入院期間
    の入院給付金を受け取れます。

当センターでは「保険金・給付金の請求から受取りまでの手引」をホームページ
に掲載しています。請求・受取りのポイントを5項目に分けて簡潔に説明してい
ますので、お役に立てていただければと思います。

◇「相談リポート上期版」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/consul/results.html?lid=mm341

◇「保険金・給付金の請求から受取りまでの手引」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/pre_seikyutebiki/index.html?lid=mm341

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[掘呂修梁

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.「教育の現場から」を更新しました
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「教育の現場から」は人生や社会生活に役立つ金融教育・生活設計教育に取り組
む先生の授業内容や当センターの活動を紹介するコーナーです。

今回は、教師対象夏季セミナー 大阪・名古屋会場の基調講演の内容を掲載して
います。「生活設計」については、家庭科などの授業で扱うテーマで、学習指導
要領の改訂による変更内容を今回の基調講演で取り上げています。また、成年年
齢が18歳に引き下げられる民法の改正が、若年層にとって大きな経済的損失につ
ながるリスクについても触れています。

学校教育に携わる先生方に限らず、ご一読いただきたい内容です。

平成30年度 教師対象夏季セミナー大阪・名古屋会場基調講演
生活設計とリスクマネジメント
大阪教育大学 教育学部教授 鈴木 真由子 先生

◇「教育の現場から」はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/kyoiku/?lid=mm341

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm341
-----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm341
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから◆
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm341

-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm341
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ