生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

2018年9月27日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 2018/9/27  ◆◇

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.337」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[機魯┘奪札

     「この夏の思い出と消費者契約、その共通心理について」
   公益社団法人
      日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(第3回)
                          消費者相談110番担当運営委員  仲澤 悦子 さん

[供話里弾瀬潺望霾鵝

  1.働けなくなったときに備える生命保険は?
  〜最新の改訂版小冊子「医療保障ガイド」より(2)〜

[掘呂修梁

   1. メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
───────────────────────────────────
「生命保険に関する全国実態調査(速報版)」を公表して2週間が経過しまし
た。今回の実態調査では、新たに「就業不能保障保険」・「生活障害保障保険」
の加入率も調査しています。知っ得ミニ情報ではこれらの生命保険の仕組み
などを取り上げていますので、ぜひご一読ください。
◇「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査(速報版)」はこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/research/report/zenkokujittai.html?lid=mm337
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[機魯┘奪札ぁ
   「この夏の思い出と消費者契約、その共通心理について」
      公益社団法人
    日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(第3回)
                          消費者相談110番担当運営委員 仲澤 悦子 さん

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この夏の思い出と言えば、とにかく暑かったことにつきるのではないでしょう
か。私が住む京都では39度を何度も記録し、本当に参りました。
夏の暑さとともに、心に残ったことは、アツかった全国高校野球選手権大会。
現地甲子園で34試合を観戦した野球好き消費生活相談員の私にとっては、暑さ
も、感動もひとしおでした。
ある試合を観ていたときのこと。先攻のチームが5対3とリードして迎えた9
回の裏、あと3人を抑えれば勝利、というところで、これまで好投していた投
手の球が甘くなっていく・・・。
「早く終わらせたくてストライクを取りたい
のはわかるんですが、ここは丁寧にいきたいですね」とネット裏のラジオの解
説者が言うのを聞き、「そうか、同じなのだ」と思いました。
・・・【続きは下記URLをクリック】

◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/2018/essay/web06/web06.html?lid=mm337
◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm337

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[供話里弾瀬潺望霾鵝

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1. 働けなくなったときに備える生命保険は?
  〜最新の改訂版小冊子「医療保障ガイド」より(2)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
病気やケガによって、それまでと同じ働き方を続けることが困難になる場合が
あります。そのようなときの保障として、前回取り上げた公的保障として傷病
手当金・障害年金などがありますが、それだけでは収入の減少を補えない場合
があります。個人で備える手段の一つとして、生命保険会社が取り扱う「就業
不能保障保険」・「生活障害保障保険」などと呼ばれる保険があります。

就業不能保障保険・生活障害保障保険とは、収入が減少したり途絶えたりした
ときに、所定の条件のもと保険金・給付金を受け取れる生命保険商品です。所
定の条件とは、長期入院や所定の障害状態、要介護状態になったときなどを指
します。

主な給付要件は以下のとおりです。

〜主な給付要件〜

(1)60日など所定の期間の継続入院または医師の診断による就業不能状態
(2)(ア)身体障害者手帳(1〜3級)の交付、または(イ)公的年金の障
   害年金(1〜2級)に該当したとき
   ※保険商品によって(ア)(イ)のどちらを給付要件にするかが分か
    れます。
(3)三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)などによる所定の状態
(4)180日以上など所定の期間、所定の要介護状態が継続したとき
(5)所定の高度障害状態・死亡

上記の内容はあくまでも一例です。商品によって上記(1)と(2)を保障す
る、(3)〜(5)を保障するなど保障の範囲や継続期間の日数が異なります。

○その他注意点

契約する際には給付要件以外にも確認をする必要があります。
例えば、給付金の受け取り方も一時金形式と年金形式のタイプがあります。他
にも、「給付要件に一度該当すると保険期間満了まで給付金を受け取れるタイ
プ」や「就業不能状態の継続を条件とするタイプ」など給付金を継続して受け
取れる条件も商品によって異なります。保障の対象を身体の状態に限定せず、
精神疾患を含めているタイプもあります。

当センター発行の小冊子「医療保障ガイド」(2018年8月改訂版)では、今回
紹介した「就業不能保障保険」・「生活障害保障保険」について契約内容例を
用いた解説ページを加えるなど、内容を一層充実させています。病気やケガへ
の備えを考える機会として、ぜひご一読ください。

※「医療保障ガイド」1部の場合の代金は360円(税・送料込)です。
 (冊子代金200円+1部の場合の送料160円)

◇「医療保障ガイド」の詳細はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm337

◇「医療保障ガイド」のご購入はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php?lid=mm337

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[掘呂修梁

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm337
-----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にもぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm337
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は、解除後に再登録してくだ
 さい)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm337

-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm337
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ