生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

2018年9月13日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇2018/9/13◆◇

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.336」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 [I]知っ得ミニ情報!

  1.災害救助法適用のとき、生命保険契約の特別な取扱いとは

  2.働けなくなったときなどの公的保障は?
   〜最新版小冊子「医療保障ガイド」より(1)〜

[供呂修梁

   1. 2018年8月のアクセスランキング更新!
    8月に関心が高かった項目は・・・

  2.「教育の現場から」を更新しました

   3.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
───────────────────────────────────
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられました皆さまに、心からお見
舞い申し上げます。
皆さまの安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[機話里弾瀬潺望霾鵝

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.災害救助法適用のとき、生命保険契約の特別な取扱いとは
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

地震・台風・大雨等の災害で災害救助法が適用された場合、生命保険会社はそ
の地域の方々のご契約について以下の2つの特別な取扱いを行います。

(1)保険料払込猶予(ゆうよ)期間の延長
契約者からの申し出により、保険料の払込みについて猶予する期間を最長6ヵ
月延長します。

(2)保険金・給付金、契約者貸付金等の簡易迅速な支払い
申し出により、必要書類を一部省略する等を行い簡易迅速な支払いをします。

※これらの取扱いの詳細は、契約先の生命保険会社にお問い合わせください。

◇生命保険会社の一覧(リンク先)はこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/links/insurance_company.html?lid=mm336

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.働けなくなったときなどの公的保障は?
〜最新版小冊子「医療保障ガイド」より(1)〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

病気やケガで働けずに収入が減った、または収入がなくなった場合でも、日々
の生活費などは変わらずかかります。そうした場合の保障として、公的医療保
険制度には「傷病手当金」があります。また、公的年金制度には障害の状態に
なったときの「障害年金」があります。傷病手当金と障害年金について、大ま
かな仕組みをみてみましょう。

●会社員・公務員などが受給できる傷病手当金
協会けんぽ、健康保険組合、共済組合などに加入する被保険者本人が、病気や
ケガで仕事を休み、給与が減額または支給されない場合には傷病手当金を最長
1年6カ月間受け取れます。受給できる金額は、休業1日につき1日あたりの
給与額の3分の2相当です。給与が支払われていても傷病手当金より少ないと
きは差額を受給できます。

※健康保険組合などによっては、付加給付として受給期間が延長される場合や
 金額が上乗せされる場合があります。

※自営業者などが加入する国民健康保険には傷病手当金の給付はありませんが
 国民健康保険組合の場合、組合によっては傷病手当金を受け取れます。

●厚生年金加入者と国民年金加入者で異なる障害年金
病気・ケガの初診日が公的年金の加入中であって、一定の障害状態になったと
きには障害年金を受け取れます。障害年金には、「障害基礎年金(1・2級)」
と「障害厚生年金(1〜3級)」があります。会社員・公務員など厚生年金加入
者は「障害厚生年金+障害基礎年金」(3級の場合は障害厚生年金のみ)を、自
営業者など国民年金加入者は「障害基礎年金」を受け取れます。障害基礎年金
は定額(1級974,125円、2級779,300円)で、高校生以下の子どもなどがいれば
子どもの加算があります。
障害厚生年金の金額は加入期間や年収(月給・賞与)によって異なります。1・
2級の場合には、配偶者の加算があります。

※年金額は平成30年度の価格です。

※公的年金に加入中以外に障害状態になった場合(20歳未満60歳以上65
歳未満)でも障害基礎年金を受け取れることがあります。

「医療保障ガイド」(B5判、カラー52ページ、1部税込200円・送料別)では
今回取り上げた内容を含めた公的医療保険制度の仕組みや、入院時の自己負担
の事例のほか、自助努力としての生命保険の活用方法について、図表やイラス
トで分かりやすく解説しています。
ぜひご一読ください。

◇「医療保障ガイド」についてはこちら◇
⇒ http://www.jili.or.jp/knows_learns/publication/index.html?lid=mm336


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[供呂修梁

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.2018年8月のアクセスランキング更新!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今月のアクセスランキングは大きく動きました!
ランキング上で伸びている項目は、相対的に関心の高いものです。
さて、8月の順位はどうなっているでしょうか?

◇下記URLからご確認ください◇
⇒ http://www.jili.or.jp/ranking/index.html?lid=mm336
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.「教育の現場から」を更新しました
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
夏季セミナー(東京会場)公民科授業実践報告
「社会保障制度と保険のキホンについて学ぼう」
東京都立国際高等学校 宮崎 三喜男 先生

高校生に「伝わる」レベルで難しい社会保障制度と保険のキホンについてお話
いただきました。
◇下記URLからご覧ください◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/kyoiku/index.html?lid=mm336http://www.jili.or.jp/kuraho/2018/kyoiku/web02/web02.html?lid=mm336

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
3.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm336
----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
 〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にもぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm336
(アドレスの解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してくだ
さい)
----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm336

----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm336
----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance
ページトップへ