生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

2018年4月26日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 2018/4/26 ◆◇◆◇

 (公財)生命保険文化センター「メールマガジン vol.327」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[Ⅰ]エッセイ 第1回 生命保険文化センター 編集子(J)

  「気になる老後の公的年金と資金準備は?」
   〜本年度の改正で思うこと〜

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

    1.生活設計情報 〜老後の資金について〜

  2.ハガキが届いたら確認を 〜年金を受け取れるかもしれません〜

[Ⅲ]その他

  1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!

────────────────────────────────────
平成30年度最初のエッセイは老後の公的年金と資金準備についてです。準備され
ている方も、されていない方も、改めて老後資金準備を考えてみてはいかがでし
ょうか?
来週はゴールデンウィークです。ケガや事故に気を付けてお過ごしください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[Ⅰ]エッセイ 第1回

  「気になる老後の公的年金と資金準備は?」
   〜本年度の改正で思うこと〜

生命保険文化センター・編集子(J)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

我が家に近いスーパーマーケットでは、「15日」は65歳以上の会員なら購入商品
が5%割引になります。「15日」という決め方に「なるほど、高齢社会らしい発想
かな」とも思います。
偶数月の15日は、公的年金の支給日です。老後を迎える十数年後の私も、「公的
年金+蓄えの取り崩し」で上手に日々をやりくりするために、こうした日に日用
品をまとめ買いするのが習慣になっているかもしれません。
さて、この老後生活費を支える収入源の柱「公的年金」については、受け取れる
年金額に関わる改正が平成30年度から・・・【続きは下記URLをクリック】

◇エッセイの全文はこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/2018/essay/web01/web01.html?lid=mm327

◇エッセイのバックナンバーはこちらから◇
⇒ http://www.jili.or.jp/kuraho/essay/?lid=mm327

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅱ]知っ得ミニ情報!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1. 生活設計情報 〜老後の資金について〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今年の1月〜3月にかけて「ひと目でわかる生活設計情報」の更新を行いました。
今回はその中から2つ紹介したいと思います。


(1)老後の収入源は?


老後の生活費として公的年金を基盤にする人は多いかと思います。では、公的
年金のみで生活している人はどれだけいるのでしょうか。
高齢者世帯の所得は、公的年金以外では稼働所得、財産所得、年金以外の社会
保障、仕送り・個人年金保険などが挙げられます。
公的年金・恩給を受給している高齢者世帯の所得の構成割合などはこちらから
確認いただけます。

◇老後の収入源は?
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/21.html?lid=mm327


(2)在職老齢年金について知りたい


日本社会は平均寿命がのび、働き方も多様化してきています。一昔前までは60歳
で退職し、年金生活ということが当たり前でしたが、現在は60歳を過ぎても働き
続ける人が増えています。
しかしながら、年金を受け取りながら働くと、年金と月給・賞与の合計額に応じ
て年金が減額される場合があります。
減額される基準額は60歳以上65歳未満と65歳以上とで異なります。
在職老齢年金として受け取れる年金の早見表はこちらから確認いただけます。

◇在職老齢年金について知りたい
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/13.html?lid=mm327


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2. ハガキが届いたら確認を 〜年金を受け取れるかもしれません〜
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

日本年金機構は、平成29年12月から30年6月にかけて、約48万人へ順次ハガキを
送っています。
平成29年8月に老齢年金を受け取るための「受給資格期間」が従来の原則25年か
ら10年へ短縮されています。
今回のハガキは、「保険料を納付した期間」などが10年未満でも老齢年金を受け
取れる可能性のある60歳以上の人宛てです。
ゴールデンウィークの帰省時などに、ご家族・ご親戚と年金の話に触れてみては
いかがでしょうか。

※日本年金機構から直接電話をして口座番号を尋ねたり、手数料等の振込を求め
ることはありません。

◇今まで年金をもらえなかった人が、もらえるようになる?
⇒ http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/16.html?lid=mm327


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[Ⅲ]その他

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.メールマガジンについて、ご意見などを募集しています!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●今号のメールマガジンについてお聞きします。
  次の選択肢から選んでください(複数回答可)。

 1.役に立った         2.役に立たなかった
 3.わかりやすかった      4.わかりにくかった
 5.関心のある情報だった    6.関心のない情報だった

ご回答は、下記アドレスから
⇒「メールマガジンについて」を選択し、意見入力のところに番号を入れてく
 ださい。

 ※番号の他にも「もっと知りたい情報など」ご意見・ご要望があれば入力し
  てください。

◇ご意見(番号の入力)はこちらから◇
⇒ https://www.jili.or.jp/suggestion/index.php?lid=mm327
-----------------------------------------------------------------------
★「役立つ」「面白い」「タイムリーで良い」など、多くの読者から好評!★
〜当センターのメールマガジンをお知り合いの方にも、ぜひご紹介ください〜

◆メールマガジンの登録はこちらから◆
⇒ https://www.jili.or.jp/mailmagazine/index.php?lid=mm327
(登録解除・変更もこちらから。変更の場合は解除後に再登録してください)
-----------------------------------------------------------------------
◆メールマガジンのバックナンバーはこちらから
⇒ http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/index.html?lid=mm327
-----------------------------------------------------------------------
◆発行:公益財団法人 生命保険文化センター
⇒ http://www.jili.or.jp/?lid=mm327
-----------------------------------------------------------------------
Copyright(R)Japan Institute of Life Insurance


ページトップへ