生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 老後 > 老後の生活費はいくらくらい必要と考える?

老後の生活費はいくらくらい必要と考える?

老後の最低日常生活費は月額で平均22.1万円

生命保険文化センターが行った意識調査によると、夫婦2人で老後生活を送る上で必要と考える最低日常生活費は月額で平均22.1万円となっています。分布をみると「20〜25万円未満」が、29.4%と最も多くなっています。

老後の最低日常生活費

N:4,014(平均、22.1万円)。15万円未満、5.9%。15〜20万円未満、13.0%。20〜25万円未満、29.4%。25〜30万円未満、13.1%。30〜40万円未満、17.0%。40万円以上、1.9%。わからない、19.6%。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>

ゆとりある老後生活費は平均36.1万円

また、ゆとりある老後生活を送るための費用として、最低日常生活費以外に必要と考える金額は平均14.0万円となっています。その結果、「最低日常生活費」と「ゆとりのための上乗せ額」を合計した「ゆとりある老後生活費」は平均で36.1万円となります。 なお、ゆとりのための上乗せ額の使途は、「旅行やレジャー」が最も高く、以下「趣味や教養」、「日常生活費の充実」と続いています。

ゆとりある老後生活費

N:4,014(平均、36.1万円)。20万円未満、2.8%。20〜25万円未満、7.3%。25〜30万円未満、10.6%。30〜35万円未満、20.8%。35〜40万円未満、9.5%。40〜45万円未満、10.8%。45〜50万円未満、2.9%。50万円以上、15.6%。わからない、19.6%。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>

老後のゆとりのための上乗せ額の使途

複数回答。(N:3,227)旅行やレジャー、60.7%。趣味や教養、51.1%。日常生活費の充実、49.6%。身内との付き合い、48.8%。耐久消費財の買い替え、30.0%。子どもや孫への資金援助、22.4%。隣人や友人との付き合い、15.5%。とりあえず貯蓄、3.7%。その他、0.4%。わからない、0.4%。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ