生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

「老後」とはいつから?

老後資金を使いはじめる平均年齢は65.9歳

「老後」とは何歳頃からなのかについては、人によって捉え方がさまざまです。例えば経済的な側面から、公的年金や退職金以外に準備した資金を生活費として使いはじめる年齢を老後生活の開始時期とする見方もあります。生命保険文化センターの調査によると、預貯金や個人年金保険、有価証券などの老後資金を使いはじめようと考えている年齢は、平均65.9歳となっています。
老後資金を使いはじめる年齢の分布をみると、「65歳」が39.7%と最も多く、次いで「70歳」「60歳」の順となっています。

老後資金の使用開始年齢

総数、4,014。59歳以下、1.2%。60歳、14.4%。61〜64歳、1.5%。65歳、39.7%。66〜69歳、1.9%。70歳、20.9%。71歳以上、4.9%。わからない、15.4%。 平均、65.9歳。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ