生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 介護 > 介護をする人が介護にかける時間はどれくらい?

介護をする人が介護にかける時間はどれくらい?

要介護度が高くなるほど、介護時間も増える

介護には、主に「在宅」で介護する方法と「施設」で介護する方法の2つがあります。特に在宅で介護をする場合、施設で介護するよりも家族の負担はかなり重くなるといえます。

では、自宅で介護をする場合、実際に介護にかかる時間はどのくらいなのでしょうか。在宅で介護をする人の介護時間をみると、「必要なときに手をかす程度」が最も高く、以下「ほとんど終日」、「2〜3時間程度」の順となっています。

しかし要介護度が高くなるにつれ、「ほとんど終日」の割合が高くなり、介護する人の負担はかなり重くなっています。介護度が最も重い「要介護5」の場合は56.7%の人が「ほとんど終日」介護に時間をかけています。

要介護度別にみた同居している主な介護者の介護時間の構成割合


	総数、ほとんど終日、19.3、半日程度、9.4、2〜3時間程度、11.9、必要なときに手をかす程度、47.9、その他、7.7、不詳、3.8、
要支援1、ほとんど終日、3.9、半日程度、3.6、2〜3時間程度、2.5、必要なときに手をかす程度、71.1、その他、14.4、不詳、4.5、
要支援2、ほとんど終日、7.3、半日程度、4.7、2〜3時間程度、6.8、必要なときに手をかす程度、64.7、その他、12.6、不詳、4.0、
要介護1、ほとんど終日、11.3、半日程度、7.5、2〜3時間程度、13.1、必要なときに手をかす程度、61.2、その他、5.8、不詳、1.1、
要介護2、ほとんど終日、15.7、半日程度、12.2、2〜3時間程度、15.8、必要なときに手をかす程度、50.2、その他、3.7、不詳、2.4、
要介護3、ほとんど終日、32.5、半日程度、17.6、2〜3時間程度、13.1、必要なときに手をかす程度、27.7、その他、5.9、不詳、3.3、
要介護4、ほとんど終日、45.8、半日程度、8.6、2〜3時間程度、21.7、必要なときに手をかす程度、11.5、その他、7.7、不詳、4.7、
要介護5、ほとんど終日、56.7、半日程度、12.8、2〜3時間程度、7.9、必要なときに手をかす程度、3.0、その他、11.9、不詳、7.7、

注:「総数」には要介護度不詳を含む。

<厚生労働省「国民生活基礎調査の概況」/2019年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ