生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 介護 > 親などを介護する場合に不安なことは?

親などを介護する場合に不安なことは?

多くの人が不安に思う肉体的・精神的・経済的な負担

親などを介護する立場になった場合について、80.9%の人が何らかの不安を感じています。
もし親などが介護を必要とした場合、どんなことが不安なのでしょうか。1位は「自分の肉体的・精神的負担」で、7割近くとなっています。以下、「自分の時間が拘束される」、「自分の経済的負担」、「介護サービスの費用がわからない」の順となっています。

親などを介護する場合の不安の有無

親などを介護する場合の不安の有無。(N:4,014)「不安感あり」80.9% 非常に不安を感じる、24.6%。不安を感じる、32.2%。少し不安を感じる、24.2%。不安感なし、16.1%。わからない、2.9%。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>

親などを介護する場合の不安の内容

自分の肉体的・精神的負担、66.7%。
自分の時間が拘束される、57.9%。
自分の経済的負担、52.4%。
介護サービスの費用がわからない、50.2%。
公的介護保険だけでは不十分、49.0%。
介護がいつまで続くかわからない、48.1%。
介護の人手が不足する、38.9%。
適切な介護サービスが利用できるかわからない、35.2%。
希望の介護施設に入れられない、30.3%。
自宅に介護する場所がない、18.1%。
その他、0.6%。
わからない、0.7%。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ