生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

介護を受けている人はどれくらい?

在宅は約384万人、施設利用者は約94万人

公的介護保険制度の趣旨は、できるだけ在宅で自立できるよう支援することにあります。厚生労働省の「介護保険事業状況報告(月報・暫定)」令和元年10月分(8月サービス分)によると、在宅で介護または要支援者向けの介護予防サービスを受けた人は約384万人、施設に入所してサービスを受けた人は約94万人です。

また、高齢者が住み慣れた地域で暮らすことを目的につくられた「地域密着型サービス」を受けた人は約88万人です。

在宅でサービスを受けた人数(介護予防サービスを含む)

(単位:人)
区分 人数
要支援1 294,716
要支援2 461,737
要介護1 1,022,166
要介護2 908,345
要介護3 541,162
要介護4 372,795
要介護5 236,455
総数 3,837,376

<厚生労働省「介護保険事業状況報告(月報・暫定)」/令和元年10月分(8月サービス分)>

施設でサービスを受けた人数

※横にスクロールできます。

(単位:人)
区分 介護老人
福祉施設
(特別養護
老人ホーム)
介護老人
保健施設
介護療養型
医療施設
介護医療院 合計
要支援1 - - - - -
要支援2 - 1 - - 1
要介護1 7,095 41,480 450 337 49,345
要介護2 20,698 66,226 970 633 88,476
要介護3 132,827 85,376 2,703 1,564 221,861
要介護4 209,397 96,050 12,064 5,702 322,043
要介護5 174,943 62,650 16,883 6,828 260,579
総数 544,960 351,783 33,070 15,064 942,305

注:

1.
同一月に2施設以上でサービスを受けた場合、施設ごとにそれぞれ受給者数を1人と計上するが、合計には1人と計上しているため、4施設の合算と合計が一致しない。
2.
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)への新規入所は原則、要介護3以上に限定されている(2015年4月より)。

<厚生労働省「介護保険事業状況報告(月報・暫定)」/令和元年10月分(8月サービス分)>

(参考:3施設の概況)

※横にスクロールできます。

介護老人
福祉施設
(特別養護
老人ホーム)
介護老人
保健施設
介護療養型
医療施設
1施設あたりの定員数 68.9人 86.3人 44.7人
1施設あたりの在所者数 66.6人 77.4人 40.3人
利用率 96.6% 89.7% 90.1%
最も多い要介護度 要介護4
(36.8%)
要介護4
(26.7%)
要介護5
(51.9%)

注:

1.
1施設あたりの定員数、在所者数、利用率は2017年10月1日現在のデータ。
2.
最も多い要介護度は2017年9月末現在のデータ。

<厚生労働省「介護サービス施設・事業所調査の概況」/平成29年>

地域密着型サービスを受けた人数(介護予防サービスを含む)

(単位:人)
区分 人数
要支援1 5,433
要支援2 8,368
要介護1 252,646
要介護2 230,893
要介護3 175,609
要介護4 122,732
要介護5 81,665
総数 877,346

<厚生労働省「介護保険事業状況報告(月報・暫定)」/令和元年10月分(8月サービス分)>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ