生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 病気・ケガ > 入院したときにかかる費用はどれくらい?

入院したときにかかる費用はどれくらい?

入院時の自己負担費用の平均は約21万円

当センターが「直近の入院時の自己負担費用」について調査したところ、自己負担費用の平均は20.8万円となっています。費用の分布をみると、「10〜20万円未満」が30.6%、「5〜10万円未満」が25.7%、「20〜30万円未満」が13.3%となっています。

直近の入院時の自己負担費用

直近の入院時の自己負担費用 N:369 5万円未満 7.6%、5〜10万円未満 25.7%、10〜20万円未満 30.6%、20〜30万円未満 13.3%、30〜50万円未満 11.7%、50〜100万円未満 8.4%、100万円以上 2.7%、平均20.8万円

(注1):過去5年間に入院し、自己負担を支払った人をベースに集計。
(注2):高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額。
(注3):治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品費などを含む。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ