生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

結婚当初の生活費はどれくらい?

25〜30歳代前半までの家計収支をみてみると…

平均初婚年齢が夫は31.1歳・妻は29.4歳であることから、家計調査年報でこの年齢に当てはまる「世帯主が25〜34歳の世帯員2人以上の勤労者世帯」の家計状況をみてみました。1ヵ月の平均就労収入は約44.3万円、平均支出は約32.2万円となっています。

このデータによると、家計収支は「黒字」となるようです。子どもの教育費や住宅取得といった将来の支出に備え、貯蓄などの資産形成プランを考えておきたいところです。

25〜34歳の収入と支出(世帯員が2人以上の勤労者世帯の場合・月額)

・世帯主の年齢が25〜34歳の世帯の平均就労収入

※横にスクロールできます。

収入額(注1) 442,999円
世帯主の収入 368,402   
配偶者の収入 70,842   

注1:収入額は世帯主と配偶者の勤労収入のみのため、合計額とは一致しない。


・世帯主の年齢が25〜34歳の世帯の平均支出

※横にスクロールできます。

支出額(注2) 322,446円
食料費 59,870円 保健医療費 10,837円
住居費 27,533    交通・通信費 42,035   
光熱・水道費 17,536    教養娯楽費 23,232   
家具・家事用品費 11,684    その他(交際費等) 42,497   
被服及び履物費 12,079    税・社会保険料等 75,143   

注2:支出額は教育費を除いた数値。

<総務省「家計調査年報」/2018年>


・平均初婚年齢

※横にスクロールできます。

平均初婚年齢(注3) 夫:31.1歳 妻:29.4歳

注3:2018年に結婚生活に入り届け出た人の平均初婚年齢。

<厚生労働省「人口動態統計(確定数)」/2018年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ