生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

住み替えを考えている人はどれくらい?

30歳未満の男性で38%、女性で37%が住み替えの意向

国土交通省のモニターアンケートによると、「住み替えたい」意向は男女ともに30歳未満で最も高く、30歳未満の男性38%、女性37%が「住み替えたい」と回答しています。

現在住んでいる住宅の住み替え意向


男性

住み替えたい、30歳未満38%、30歳以上40歳未満24%、40歳以上50歳未満20%、50歳以上60歳未満21%、60歳以上65歳未満9%、65歳以上75歳未満13%、75歳以上0%。現在の住宅に住みつつ、別荘やセカンドハウスにも住みたい、30歳未満0%、30歳以上40歳未満2%、40歳以上50歳未満5%、50歳以上60歳未満5%、60歳以上65歳未満7%、65歳以上75歳未満4%、75歳以上0%。リフォームして住み続けたい、30歳未満4%、30歳以上40歳未満6%、40歳以上50歳未満15%、0歳以上60歳未満20%、60歳以上65歳未満25%、65歳以上75歳未満26%、5歳以上19%。そのまま住み続けたい、30歳未満42%、30歳以上40歳未満53%、40歳以上50歳未満51%、50歳以上60歳未満43%、60歳以上65歳未満55%、65歳以上75歳未満51%、75歳以上75%。分からない、30歳未満15%、30歳以上40歳未満15%、40歳以上50歳未満10%、0歳以上60歳未満12%、60歳以上65歳未満4%、65歳以上75歳未満6%、5歳以上6%。


女性

住み替えたい、30歳未満37%、30歳以上40歳未満27%、40歳以上50歳未満25%、50歳以上60歳未満18%、60歳以上65歳未満12%、65歳以上75歳未満8%、75歳以上33%。現在の住宅に住みつつ、別荘やセカンドハウスにも住みたい、30歳未満11%、30歳以上40歳未満3%、40歳以上50歳未満3%、50歳以上60歳未満3%、60歳以上65歳未満8%、65歳以上75歳未満8%、75歳以上0%。リフォームして住み続けたい、30歳未満15%、30歳以上40歳未満11%、40歳以上50歳未満11%、50歳以上60歳未満26%、60歳以上65歳未満28%、65歳以上75歳未満17%、75歳以上33%。そのまま住み続けたい、30歳未満26%、30歳以上40歳未満46%、40歳以上50歳未満43%、50歳以上60歳未満38%、60歳以上65歳未満48%、65歳以上75歳未満58%、75歳以上33%。分からない、30歳未満11%、30歳以上40歳未満13%、40歳以上50歳未満18%、50歳以上60歳未満15%、60歳以上65歳未満4%、65歳以上75歳未満8%、75歳以上0%。

<国土交通省「国土交通行政モニターアンケート(住生活に関する意識調査結果概要)より住宅局が作成」2015年度>


住み替えしたい理由は性別・年齢別によって様々

現在住んでいる住宅から住み替えしたい理由は性別・年齢別により様々です。
ただし、30歳代では男女ともに「世帯人数に対し、現在の住宅が狭いから」が最も多くなっています。

現在住んでいる住宅から住み替えしたい理由(現在の住宅から住み替えたい人が対象)

※横にスクロールできます。

(単位:%)
30歳未満 30歳以上
40歳未満
40歳以上
50歳未満
50歳以上
60歳未満
60歳以上
65歳未満
65歳以上
75歳未満
男性
世帯人数に対し、現在の住宅が狭いから 10 50 21 5 0 17
世帯人数に対し、現在の住宅が広すぎるから 0 0 4 0 20 0
省エネ・耐震・バリアフリー化されている性能の高い住宅に住みたいから 0 0 4 5 20 8
遮音性の高い住宅に住みたいから 10 6 0 10 0 0
防犯性の高い住宅に住みたいから 10 0 0 0 0 17
通勤・通学・買い物・通院等に便利な場所に住みたいから 20 13 25 10 20 17
出身地(ふるさと)に戻りたいから 10 0 7 10 0 8
田舎暮らしをしてみたいから 0 6 0 5 0 0
都心部で暮らしてみたいから 10 0 0 15 20 8
新築または築年数の新しい住宅に住みたいから 30 13 25 20 0 8
離れて住む親族の世話・介護が必要だから 0 6 7 0 0 8
建物内にスーパーや医療・福祉・介護施設等が完備され、建物から出なくても便利に生活できる暮らしがしたいから 0 0 4 0 20 8
その他 0 6 4 20 0 0
回答者数 10 16 28 20 5 12
女性
世帯人数に対し、現在の住宅が狭いから 33 35 29 13 0 0
世帯人数に対し、現在の住宅が広すぎるから 0 0 0 6 0 50
省エネ・耐震・バリアフリー化されている性能の高い住宅に住みたいから 0 6 10 13 0 50
遮音性の高い住宅に住みたいから 11 6 3 13 0 0
防犯性の高い住宅に住みたいから 0 0 3 0 0 0
通勤・通学・買い物・通院等に便利な場所に住みたいから 11 3 16 6 67 0
出身地(ふるさと)に戻りたいから 0 9 6 6 0 0
田舎暮らしをしてみたいから 11 3 3 0 0 0
都心部で暮らしてみたいから 11 3 3 0 0 0
新築または築年数の新しい住宅に住みたいから 22 9 13 13 33 0
離れて住む親族の世話・介護が必要だから 0 3 0 6 0 0
建物内にスーパーや医療・福祉・介護施設等が完備され、建物から出なくても便利に生活できる暮らしがしたいから 0 0 0 0 0 0
その他 0 24 13 25 0 0
回答者数 9 34 31 16 3 2

注:は年齢別に最も高い理由

<国土交通省「国土交通行政モニターアンケート(住生活に関する意識調査結果概要)より住宅局が作成」2015年度>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ