生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

失業している人が離職した理由は何?

「より良い条件の仕事を探すため」が18.3%で最多

総務省の調査によると、失業している人が前職を辞めることになった理由として、「その他」を除くと全体では「より良い条件の仕事を探すため」が最も多く18.3%、次いで「定年又は雇用契約の満了のため」・「家事・通学・健康上の理由のため」が15.8%となっています。

性別にみると、男性では「定年又は雇用契約の満了のため」、女性では「より良い条件の仕事を探すため」が最も多くなっています。

離職した理由


全体、会社倒産・事業所閉鎖のため、6.7%。人員整理・勧奨退職のため、5.0%。事業不振や先行き不安のため、5.0%。定年又は雇用契約の満了、15.8%。より良い条件の仕事を探すため、18.3%。結婚・出産・育児のため、3.3%。介護・看護のため、3.3%。家事・通学・健康上の理由のため、15.8%。その他、23.3%。
男性、会社倒産・事業所閉鎖のため、6.0%。人員整理・勧奨退職のため、6.0%。事業不振や先行き不安のため、6.0%。定年又は雇用契約の満了、17.9%。より良い条件の仕事を探すため、16.4%。結婚・出産・育児のため、0.0%。介護・看護のため、3.0%。家事・通学・健康上の理由のため、14.9%。その他、25.4%。
女性、会社倒産・事業所閉鎖のため、7.5%。人員整理・勧奨退職のため、3.8%。事業不振や先行き不安のため、3.8%。定年又は雇用契約の満了、13.2%。より良い条件の仕事を探すため、20.8%。結婚・出産・育児のため、5.7%。介護・看護のため、3.8%。家事・通学・健康上の理由のため、17.0%。その他、22.6%。

注:調査の対象は、求職理由が「仕事を辞めたため」である失業者。

<総務省「労働力調査年報」/2019年>

仕事につけない理由は「希望する種類・内容の仕事がない」から

仕事につけない理由の第1位は「希望する種類・内容の仕事がない」で全体の26.6%を占めており、次いで「勤務時間・休日などが希望とあわない」、「求人の年齢と自分の年齢とがあわない」となっています。

仕事につけない理由

※横にスクロールできます。

(単位:%)
 
賃金・給料が希望と
あわない

勤務時間・休日などが希望と
あわない

求人の年齢と自分の
年齢とが
あわない

自分の技術や技能が
求人要件に
満たない

希望する種類・内容の仕事がない

条件にこだわらないが仕事がない

その他
全体 8.5 15.3 10.2 6.2 26.6 5.1 28.2
15〜24歳 7.4 18.5 - 7.4 25.9 3.7 37.0
25〜34歳 10.0 12.5 2.5 10.0 27.5 7.5 30.0
35〜44歳 9.1 21.2 6.1 6.1 24.2 6.1 27.3
45〜54歳 11.4 14.3 11.4 5.7 25.7 5.7 25.7
55〜64歳 7.1 14.3 21.4 3.6 25.0 3.6 25.0
65歳以上 5.9 5.9 35.3 5.9 23.5 5.9 17.6
男性 8.0 7.0 13.0 8.0 27.0 7.0 30.0
15〜24歳 7.1 14.3 - 7.1 28.6 7.1 35.7
25〜34歳 8.7 4.3 4.3 13.0 30.4 8.7 30.4
35〜44歳 11.1 5.6 11.1 11.1 22.2 11.1 27.8
45〜54歳 11.8 5.9 11.8 5.9 23.5 5.9 35.3
55〜64歳 6.3 6.3 18.8 6.3 31.3 6.3 25.0
65歳以上 7.7 7.7 30.8 7.7 23.1 7.7 15.4
女性 7.6 25.3 7.6 5.1 25.3 3.8 25.3
15〜24歳 8.3 25.0 - 8.3 25.0 - 33.3
25〜34歳 11.8 23.5 - 5.9 23.5 5.9 29.4
35〜44歳 6.3 37.5 - 6.3 25.0 - 25.0
45〜54歳 11.1 22.2 5.6 5.6 27.8 5.6 22.2
55〜64歳 10.0 20.0 20.0 - 20.0 - 30.0
65歳以上 - - - - - - -

注: は、全体・性・年齢別で最も占率の高い理由の区分。

<総務省「労働力調査年報」/2019年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ