生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

何歳くらいまで働きたいと考えている?

「働けるうちはいつまでも」が約3割

三菱UFJリサーチ&コンサルティング「平成27年度少子高齢社会等調査検討事業報告書」によると、何歳まで働きたいかについては、「働けるうちはいつまでも」が31.2%と最も多く、次いで「65歳くらいまで」が25.7%、「60歳くらいまで」が18.5%となっています。

就労希望年齢

60歳くらいまで、18.5%。65歳くらいまで、25.7%。70歳くらいまで、15.2%。75歳くらいまで、8.1%。76歳以上、1.3%。働けるうちはいつまでも、31.2%。

就労を希望している理由をみると、「経済上の理由(自分と家族の生活を維持するため、生活水準を上げるためなど)」が68.1%と最も多く、以下「生きがい、社会参加のため」38.7%、「健康上の理由(健康に良いからなど)」23.2%の順となっている。

高齢期の就業希望理由

経済上の理由(自分と家族の生活を維持するため、生活水準を上げるためなど)、68.1%。健康上の理由(健康に良いからなど)、23.2%。生きがい、社会参加のため、38.7%。時間に余裕があるから、12.8%。その他、0.5%。

<三菱UFJリサーチ&コンサルティング「平成27年度少子高齢社会等調査検討事業報告書」>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ