生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

雇用保険について知りたい

失業した人や就職、雇用の継続を維持することが難しい人に給付金等を支給する制度

雇用保険は、労働保険の一つで、主に失業した人の生活を保障するための給付を行います。さらに、就職のための教育訓練を受けた場合や、高齢により賃金が一定以上下がった場合、育児や介護のために休業した場合などの給付も行います。
雇用保険は、労働者を雇用する事業所には強制的に適用されます。一般の事業の雇用保険料率は9/1000で、事業主が6/1000、被保険者が3/1000となっています(2020(令和2)年度現在)。なお、雇用保険の保険料免除の対象となっていた64歳以上の人も、2020(令和2)年4月から保険料徴収の対象となりました。


雇用保険制度の給付 *2020年8月現在

※横にスクロールできます。

失業等給付 求職者給付 一般被保険者(65歳未満)に対する求職者給付 基本手当
技能習得手当 受講手当
通所手当
寄宿手当
傷病手当
高年齢被保険者(65歳以上)に対する求職者給付 高年齢求職者給付金
短期雇用特例被保険者に対する求職者給付 特例一時金
日雇労働被保険者に対する求職者給付 日雇労働求職者給付金
就職促進給付 就業促進手当 再就職手当
就業促進定着手当
就業手当
常用就職支度手当
移転費
求職活動支援費 広域求職活動費
短期訓練受講費
求職活動関係役務利用費
教育訓練給付 教育訓練給付金
雇用継続給付 高年齢雇用継続給付
介護休業給付
育児休業給付 育児休業給付金
雇用保険二事業 雇用安定事業
能力開発事業

失業給付の基本手当

65歳未満の被保険者が失業したときに、賃金の日額に応じて決まる基本手当日額を、所定の日数の範囲内で受けることができます。
公共職業安定所で手続きを行います。

<給付の条件> 原則、離職の日以前2年間に被保険者期間が通算12か月以上あること
(特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上あること)

<基本手当日額> 賃金(退職する直前の6カ月に支払われた給料)÷180日


<所定給付日数>

※横にスクロールできます。

区分 被保険者期間
1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
一般の被保険者 定年退職・自己都合退職等の場合 全年齢
(65歳未満)
90日 120日 150日
倒産、解雇、雇い止めなど
やむを得ない事由により離職した場合
〜29歳 90日 90日 120日 180日
30〜34歳 120日 180日 210日 240日
35〜44歳 150日 240日 270日
45〜59歳 180日 240日 270日 330日
60〜64歳 150日 180日 210日 240日
身体障害などにより就職困難な人 〜44歳 150日 300日
45〜64歳 360日

注:新型コロナウイルス感染症等の影響に対応し、基本手当の給付日数を60日(一部30日)延長する特例が設けられた。


<賃金日額・基本手当日額の下限額・上限額>

※横にスクロールできます。

賃金日額 基本手当日額
下限額 上限額 下限額 上額
〜29歳 2,574円 13,700円 2,059円 6,850円
30〜44歳 15,210円 7,605円
45〜59歳 16,740円 8,370円
60〜64歳 15,970円 7,186円

<新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金>

新型コロナウイルス感染症等の影響により事業主の要請により休業し、休業期間中に賃金(休業手当)を受け取ることができなかった中小企業の被保険者(原則)は給付金を受けることができます(休業前賃金の80%。月額上限33万円)。


高年齢雇用継続給付 *2020年8月現在

高年齢(60〜64歳)の被保険者で、60歳以後の賃金が60歳時点の75%未満に低下した人が受けることができます。
被保険者期間が5年以上あることが必要です。


<支給する下限額> 2,059円

<支給する上限額> 365,114円

<60歳到達時点の賃金月額> 下限額 77,220円  上限額 479,100円


育児休業給付金 *2020年8月現在

被保険者が育児のために休業した場合に受け取ることができます。
育児休業開始日前2年間に、賃金の支払の基礎となった日数が11日以上ある月が12か月以上ある場合に支給対象となります。
その上で、育児休業期間中の各1か月ごとに、休業開始前の1か月当たりの賃金の8割以上の賃金が支払われていないことおよび就業している日数が1か月ごとに10日(10日を超える場合は、就労している時間が80時間)以下であることが必要となります。


<支給額>

支給額は、育児休業開始から180日間は休業開始時賃金の67%、6か月経過後は50%です。

※育児休業とは産後57日〜子どもが1歳になる前日までの期間をいいます。保育園に入れないなど、やむを得ない事情があり育休を延長する場合は、最長で子が2歳になる前日まで取得することができます。


<給付金の上限額> 支給率67%のとき  305,721円
支給率50%のとき  228,150円


介護休業給付 *2020年8月現在

被保険者が家族の介護のために休業した場合に受け取ることができます。
介護休業開始日前2年間に、賃金の支払の基礎となった日数が11日以上ある月が12か月以上ある場合に支給対象となります。
その上で、介護休業期間中の各1か月ごとに休業開始前の1か月当たりの賃金の8割以上の賃金が支払われていないことおよび、就業している日数が1か月ごとに10日以下であることが必要となります。


<支給額>

支給額は、休業開始時賃金日額×支給日数(30日)×67%です。
※休業終了日の属する支給対象期間については、当該支給対象期間の日数
※支給対象となる同じ家族について93日を限度に3回までに限り支給


<給付金の上限額> 336,474円


このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ