生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活基盤の安定を図る生活設計 > 家計・資産形成 > どんな金融資産をどれくらい保有している?

どんな金融資産をどれくらい保有している?

2人以上世帯の平均保有額は1,436万円、中央値は650万円

金融広報中央委員会が実施した調査によると、金融資産の平均保有額は単身世帯653万円、2人以上世帯1,436万円、中央値※は単身世帯50万円、2人以上世帯650万円となっています。

金融商品の種類別にみると、単身世帯は「預貯金」が最も多く全体の4割以上を占め、次いで「株式」、「投資信託」となっています。また、2人以上世帯でも「預貯金」が約5割と最も多く、以下「生命保険」、「株式」となっています。

※中央値とは、調査対象世帯を保有額の少ない順(あるいは多い順)に並べたとき、中位(真ん中)に位置する世帯の金融資産保有額のこと。

種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)

※横にスクロールできます。

(単位:万円、( )内は%)
   








 











































単身世帯 653 276 130 4 55 6 51 37 135 68 9 12 50
2人以上世帯
(構成割合)
1,436
 
678
(47.2)
435
-
6
(0.4)
280
(19.5)
41
(2.9)
94
(6.5)
39
(2.7)
152
(10.6)
96
(6.7)
41
(2.9)
8
(0.6)
650
世帯主の
年齢別
20歳代 292 165 64 0 42 10 30 0 27 2 17 0 135
30歳代 591 261 102 5 131 13 40 5 69 23 42 1 400
40歳代 1,012 473 198 0 238 29 81 5 105 27 46 8 520
50歳代 1,684 633 381 18 350 44 146 96 189 113 86 10 800
60歳代 1,745 959 585 5 286 39 134 45 144 96 27 11 875
70歳以上 1,786 921 723 4 333 49 65 35 226 129 14 9 1000

注:

1. 「預貯金」は運用または将来の備えとしている部分で、日常的な出し入れ・引落しに備えている部分は除く。

2. 金融資産には、外貨建金融商品を含む。

3. 「生命保険」、「損害保険」は、これまでに払い込んだ保険料の総額。ただし、既に給付を受けた分や掛捨ての保険、年金型商品は除く。

4. 「個人年金保険」は、これまでに積み立てた掛金の総額。ただし、既に給付を受けた分や公的年金、確定拠出年金の掛金は除く。

5. 「債券」、「株式」、「投資信託」は時価。「株式」には従業員持株制度による株式を含む。

6. 「その他金融商品」は金貯蓄口座、オプション取引や先物取引などの金融派生商品。

<金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」/2020年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ