生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活基盤の安定を図る生活設計 > 家計・資産形成 > NISA(少額投資非課税制度)について知りたい

NISA(少額投資非課税制度)について知りたい

一般NISAは、毎年120万円の資産投資まで運用益や配当金が非課税

NISA(少額投資非課税制度)には、「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」があります。

NISA(少額投資非課税制度)の概要

※横にスクロールできます。

一般NISA
  • 日本国内に居住している20歳以上の人が利用できます。
    *2022年4月以降は18歳以上の人が利用できます。
  • 毎年120万円の非課税投資枠があり、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が最長5年間非課税となります。
  • いつでも売却できますが、売却後、非課税枠の再利用はできません。
  • 現行制度での口座開設は2023年までですが、2024年以降は新制度(2階建て)に見直され、2028年まで口座開設が可能になります。
つみたてNISA
  • 日本国内に居住している20歳以上の人が利用できます。
    *2022年4月以降は18歳以上の人が利用できます。
  • 少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度で、購入できる金額は毎年40万円まで、非課税期間は20年です。購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。
  • 口座開設は2037年まででしたが、2042年まで5年延長されました。
ジュニアNISA
  • 日本国内に居住している0〜19歳までの人が利用できます。運用管理は両親・祖父母等が行います。
  • 毎年80万円の非課税投資枠があり、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が最長5年間非課税となります。5年間の満了を迎えても、20歳になるまで引き続き非課税で保有できます。
  • 18歳までは原則払出しができません。
  • 新規口座開設は2023年12月31日までで、制度の廃止が決まっています。

注:一般NISA・つみたてNISAは、同じ年に両方を利用することはできませんので、どちらか一方を選択することになります。なお、他の口座で発生した譲渡益や配当等と損益通算はできません。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ