生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。(設立1976年)

教育費が家計に与える影響は?

世帯年収に占める在学費用の割合は約16%

世帯年収に占める在学費用(子ども全員にかかる費用の合計)の割合は、平均15.9%となっています。分布をみると、「10%以上20%未満」が33.9%、「10%未満」が31.6%、「20%以上30%未満」が18.7%となっています。

※在学費用は学校教育費(授業料、通学費、教科書・教材費など)と家庭教育費(学習塾・家庭教師の月謝、通信教育費、参考書等の購入費、おけいこごとの費用など)

世帯年収に占める在学費用の割合

10%未満、31.6%。10%以上20%未満、33.9%。20%以上30%未満、18.7%。30%以上40%未満、6.3%。40%以上、9.5%。

<日本政策金融公庫/令和2年度「教育費負担の実態調査結果」(2020年10月30日発表)>


世帯年収階層別にみた世帯年収に占める在学費用の割合をみると、「200万円以上400万円未満」世帯の平均負担割合が31.7%と年収の約1/3を占めています。世帯年収が高くなるほど在学費用の割合は低くなっています。

世帯年収階層別にみた世帯年収に占める在学費用

在学費用。200万円以上400万円未満、106.6万円。400万円以上600万円未満、112.7万円。600万円以上800万円未満、116.6万円。800万円以上、160.9万円。在学費用の割合。200万円以上400万円未満、31.7%。400万円以上600万円未満、20.8%。600万円以上800万円未満、15.8%。800万円以上、12.6%。

<日本政策金融公庫/令和2年度「教育費負担の実態調査結果」(2020年10月30日発表)>


教育費の捻出方法としては、「教育費以外の支出を削っている(節約)」が29.5%と最も多く、以下「子供(在学者本人)がアルバイトをしている」(21.5%)、「預貯金や保険などを取り崩している」(20.4%)、「奨学金を受けている」(18.6%)となっている。

教育費の捻出方法

教育費以外の支出を削っている(節約)、29.5%。子供(在学者本人)がアルバイトをしている、21.5%。預貯金や保険などを取り崩している、20.4%。奨学金を受けている、18.6%。残業時間やパートで働く時間を増やすようにしている、11.8%。共働きを始めた、10.3%。親族から援助してもらっている、6.1%。国の教育ローンを借り入れしている、3.7%。民間金融機関の教育ローンを借り入れしている、3.7%。本業以外にアルバイトなどで副収入を得ている、2.5%。教育資金贈与信託を利用している、2.1%。地方自治体または勤務先から借り入れをしている、0.4%。その他、1.5%。特に何もしていない、30.3%。

注:3つまでの複数回答

<日本政策金融公庫/令和2年度「教育費負担の実態調査結果」(2020年10月30日発表)>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ