生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活基盤の安定を図る生活設計 > 家計・資産形成 > 生命保険の保険料は年間どれくらい払っている?

生命保険の保険料は年間どれくらい払っている?

男性23.4万円・女性16.8万円、1世帯あたりは38.2万円

生命保険文化センターが実施した「生活保障に関する調査」(個人調査)によると、年間払込保険料(個人年金保険の保険料を含む)は男性で平均23.4万円、女性で平均16.8万円となっています。金額の分布をみると男性は「12〜24万円未満」、女性は「12万円未満」が最も多くなっています。

また、同じく生命保険文化センターが実施した「生命保険に関する全国実態調査」(二人以上の世帯調査)によると1世帯あたりの年間払込保険料(個人年金保険の保険料を含む)は平均38.2万円となっています。金額の分布では、「12〜24万円未満」が16.0%と最も多くなっており、次いで「12万円未満」(14.8%)、「24〜36万円未満」(12.9%)、「36〜48万円未満」(9.8%)の順になっています。

年間払込保険料(性別)

平成28年【集計ベース:生命保険・個人年金保険加入者】

平成28年 集計ベース、生命保険・個人年金保険加入者。12万円未満、男性25.8%、女性40.2%。12〜24万円未満、男性28.3%、女性33.1%。24〜36万円未満、男性21.5%、女性11.7%。36万円〜48万円未満、男性9.1%、女性4.3%。48〜60万円未満、男性3.6%、女性2.4%。60万円以上、男性4.9%、女性2.2%。不明、男性6.9%、女性6.0%

注:年間払込保険料は、民間の生命保険(かんぽ生命を含む)、簡保、JA(農協)、県民共済・生協等が対象
 一時払い・頭金の保険料は除く

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>

世帯年間払込保険料(個人年金保険を含む)

世帯年間払込保険料(個人年金保険も含む) 平成30年 12万円未満14.8%、12〜24万円未満16.0%、24〜36万円未満12.9%、36〜48万円未満9.8%、48〜60万円未満6.4%、60〜72万円未満4.2%、72〜84万円未満2.2%、84万円以上5.8%、不明28.0%、平均38.2万円。

注:世帯年間払込保険料は、民間の生命保険(かんぽ生命を含む)、簡保、JA、県民共済・生協等の計
 一時払い・頭金の保険料は除く

<生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」/平成30年度>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ