主な「特約」の種類

  • 主契約に「特約」を付加できる基準は商品ごとに異なりますが、生命保険会社の定める範囲内で各種の特約を組み合わせて契約することができます。
  • 保障内容を充実させるためには、特約の内容を理解したうえで主契約への付加について検討することが重要です。主な特約の種類を保障の内容によって分類すると次のようになります。

※ここに記載されている特約は例示であり、これら以外の特約もあります。また、名称、保障内容は生命保険会社や商品の取り扱いによって異なる場合があります。詳しくは、生命保険会社にご確認ください。

主に死亡を保障する特約

定期保険特約 死亡・高度障害の場合に保険金を受取れます。
終身保険特約
収入保障特約 死亡・高度障害の場合に年金を受取れます。
災害割増特約 不慮の事故や所定の感染症による死亡・高度障害の場合に保険金を受取れます。
傷害特約 不慮の事故や所定の感染症による死亡の場合、または不慮の事故で所定の身体障害状態になった場合に保険金・給付金を受取れます。

病気やケガ、介護などを保障する特約

特定(三大)疾病保障特約 がん・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態の場合、または死亡・高度障害の場合のいずれかで保険金を受取れます。
疾病入院特約 病気で入院した場合に入院給付金を受取れます。また、病気やケガで所定の手術をした場合に手術給付金を受取れます。
災害入院特約 ケガで入院した場合に入院給付金を受取れます。
成人病(生活習慣病)
入院特約
がん、脳血管疾患、心疾患、高血圧性疾患、糖尿病で入院した場合に入院給付金を受取れます。
がん入院特約 がんで入院した場合に入院給付金を受取れます。また、がんと診断確定された場合やがんで所定の手術をした場合に給付金が受取れるものがあります。

※がんの種類によっては一部対象とならない場合もあるので、「ご契約のしおり・約款」などでよく確認する必要があります。

女性疾病入院特約 女性特有の病気(子宮、乳房の病気や甲状腺の障害など)で入院した場合に入院給付金を受取れます。
先進医療特約 厚生労働大臣が定める先進医療に該当する治療を受けた場合に、治療の内容に応じて給付金を受取れます。
介護特約 寝たきりや認知症により介護が必要な状態になり、その状態が一定期間継続した場合に一時金や年金を受取れます。
リビング・ニーズ特約 余命6カ月以内と判断された場合に死亡保険金の全部または一部を受取れます。この特約の保険料は不要です。

ページトップへ