主に死亡を保障する主契約

<主契約の名称・イメージ図の見方>

※イメージ図のは、将来の保険金・給付金や年金の支払いに備えて積み立てられる部分を表しています。

※死亡保険金を受取れる主契約については、所定の高度障害状態に該当すると死亡保険金と同額の高度障害保険金を受取れます。

※ここに記載されている保険種類は例示であり、これら以外の保険種類もあります。また、名称、保障内容は生命保険会社や商品の取り扱いによって異なる場合があります。詳しくは、生命保険会社にご確認ください。

主契約の名称・イメージ図 保障内容・特徴

定期保険

保険期間は一定で、その間に死亡した場合に死亡保険金を受取れます。
  • 満期保険金はありません。
  • 保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプが一般的ですが、保険料が一定で、契約後一定期間ごとに保険金額が減っていく「逓減定期保険」や、保険金額が増えていく「逓増定期保険」もあります。
  • 死亡後、所定の期間にわたって年金が受取れる「収入保障保険」もあります。

養老保険

保険期間は一定で、死亡した場合に死亡保険金を、満期時に生存していれば満期保険金を受取れます。
  • 死亡保険金と満期保険金は同額です。
  • 受取る満期保険金が払込保険料総額を下回る場合もあります。

終身保険

<有期払の例>

死亡した場合に死亡保険金を受取れます。保険期間は定期保険や養老保険と異なり一定ではなく、一生涯死亡保障が続きます。
  • 満期はありません。
  • 保険料の払込みが、一定年齢または一定期間で終了する「有期払」と一生涯払い続ける「終身払」があります。

※無選択型終身保険では、契約後2年間など一定期間内に病気により死亡した場合は死亡保険金ではなく、既に払込んだ保険料相当額を受取れます。

利率変動型積立終身保険
(アカウント型)

貯蓄機能をもつ保険(主契約)に、死亡保障の特約や医療保障の特約などを組み合わせる保険です。単体保険を組み合わせる生命保険会社もあります。
  • 積立金を途中で引き出したり、保険料に充当することができます。
  • 予定利率は一定期間ごとに見直され変動します。
  • 保険料払込期間満了後にそのときの積立金をもとにして、所定の金額までの範囲で、健康状態にかかわらず終身保険に移行できます。
  • 積立期間中に死亡した場合は、主契約の部分としては積立金相当額の死亡給付金を受取れるのが一般的です。

変額保険

<有期型の例>

満期時に満期保険金が基本保険金を上回った場合

満期時に満期保険金が基本保険金を下回った場合

株式や債券を中心に資産運用し、その運用実績によって保険金や解約返戻金が増減する保険で、投資リスクは契約者が負うことになります。
  • 「有期型」と「終身型」があり、有期型では満期を迎えると満期保険金を受取れますが、その金額は資産運用の実績によって変動し、最低保証はありません。また、解約返戻金にも最低保証はありません。
  • 死亡した場合は基本保険金に加えて変動保険金を受取れます。基本保険金額は運用実績にかかわらず最低保証されるので、変動保険金がマイナスになった場合でも、基本保険金額は受取れます。

    [6.投資性の強い生命保険の留意点]を参照してください。

注意

変額保険に関して

  • 変額保険の契約にあたっては、資産の運用方法(運用資産の種類や評価方法、資産の運用方針)や商品の仕組み(資産の運用実績によって将来受取る保険金などの金額がどのように変動するのか)について、生命保険会社は書面を用いて説明することになっています。わからない点は説明を求め、納得したうえで契約しましょう。また、契約後も運用実績などについて、1年ごとに書面を交付することになっています。

    [6.投資性の強い生命保険の留意点]も参照してください。


ページトップへ