5.現在の生命保険の「保険金を減額」する

  • 主契約や特約の保障額を減らす方法で、これにより保険料負担が軽減されます。
  • 減額は一部解約のことで、減額した部分は解約したものとして取り扱われます。減額部分に対応する解約返戻金があれば、それを受取れます。
  • 主契約、特約いずれも減額の対象になります。また、減額した場合、各種特約の保障額が同時に減額される場合があります。
  • 生命保険会社や商品によっては、最低の保険金額基準などを設定している場合があり、それを下回る減額はできません。

ページトップへ